スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この5年間のキンモクセイ開花日記録

例によって、Yahooのブログ検索でキンモクセイの開花日を見てみると・・

きんもく開花日

今年の開花ピークは10/5であったことが判ります。もちろん地方によって前後すると思いますが、私の住む千葉県北西部の満開日とブログ検索のピーク日は、毎年ほぼ一致します。グラフは上から順に2006年から2010年までの5年分を並べました。

2006年は典型的な二度咲きが見られた年で、9/21に1回目のピークがあり、過半数の蕾がここで開花したようです。そして2回目の開花ピークは10/10ごろ。2007年、2008年と二度咲きは見られず、昨年2009年は所によって二度咲きが見られ、9/24日に弱いピークがありました。しかし、大半の花は10/15に満開を迎えたようです。

そして記録的な猛暑だった今年はどうだったかというと、満開日は10/5と昨年より10日も早かったことが判ります。温暖化でキンモクセイの開花日が遅くなっているようだという人がいますが、この5年間の開花記録を見る限り、キンモクセイの開花日が遅くなっているとは言えないと思います。また、夏の高温もキンモクセイの開花日には影響を与えないようです。

2005年の開花ピークは今年と同じ10/5で、10/15にも開花があったようです。さらに1960年頃の記録なども併せて考えると、やはりキンモクセイの開花日は上のグラフでピンク色の線で示した10/10前後がメインで、年によっては9月23日頃に1回目のピークが来ることがある・・・と言えそうです。何がキンモクセイの咲く回数を決めているのかは判然としませんが、少なくとも地球温暖化とは全く関係が無いと考えて良さそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

今年のキンモクセイ

今夏の猛暑はキンモクセイの開花日にどのように影響するか??

2006年の記事以来、毎年開花前から同じ木の観察を続けています。
さて、昨日(10月3日)の様子は・・・

キンモクセイ1
強い香りが漂いますが、ほとんど全てが蕾です。

キンモクセイ2
2度咲き、3度咲きの秘密、多段式の蕾。この写真では、1つの節に3対の花芽(蕾の束)が着いています。枝の先端(この写真では下側)に近い束の方が蕾が大きく膨らんでいます。つまり、蕾が何段目かによって生長の度合いが若干違うということです。この違いが大きくなると、2度咲き、3度咲きになる訳です。この蕾の大きさだと、満開になるのは10月7日あたりでしょうか?? 今年は全部の蕾が既に開花に向けて動き始めてしまったので、1回だけしか咲かないでしょう。

猛暑の影響で、開花が少し遅れてしまうかも知れないとも思いましたが、やはり開花のメインは10月10日前後という「約束」(?)は守られたようです。

もう少し観察を続け、満開になったら気温の記録など見ながら考察してみようかと思います。

今年のキンモクセイは1回咲き??

今年は記録破りの暑さが続きましたので、ここ数年観察しているキンモクセイの開花時期がどのように変化するのか楽しみです。9月上~中旬に涼しい日が何日かあれば9月下旬に1回目の開花があるはずなのですが、今年は高温が著しいので、9月中の開花は無いものと推測しています(@千葉県市川市)。問題は基本開花日の10月10日で、これが中旬以降にシフトするのか、この高温でも変化無しか??? 現時点では9月中旬以降も高温傾向とのことで、20日くらいまで遅れるような気がしますが、突然涼しくなって、やっぱり今年も10月10日ということになりそうな気もします。

2009年のキンモクセイ開花記録

園芸作業が忙しくて、折角写真は撮っておいたのに、記事を書く時間がありませんでした。
9/8の記事で書いた今年は二度咲きが見られるだろうという予想が当たって、ブログサーチで平均値を見てみると1回目が9/24、2回目が10/15のようでした。

スクリーンショット(2009-11-03 21.17.59)

私が住んでいる千葉県市川市では明確な二度咲きは見られず・・

9/14

9/14にほんの少しだけ咲いて

9/20

全国的に開花が始まった9/20になっても蕾は固いまま。

10/9

満開になったのは、10/9になってからでした。ここで全ての蕾が開き、その後の開花は見られませんでした。

一方、同じ県内の佐倉市では、はっきりとした二度咲きが見られました。

9/25佐倉

1回目の開花は9/25日前後。
面白いことに、葉が若干黄色っぽい株や、伸びの悪い枝(節間が狭い)は枝の先端の蕾まで全部開花していました(写真左)。しかし伸びの良い枝では幹に近い方に花が集中していて、先端に近い蕾は固いままでした。さらに良く観察してみると・・

10/2佐倉

2又に分かれた一方の枝が全部開花していて、もう一方の枝は全部蕾というのも見られました。どうも、開花には木のコンディションも影響しているようで、それが二度咲き現象を複雑にしているようです。

単なる想像ですが、キンモクセイは花芽が出来上がってから一定の低温が引き金になって開花するのではないかと考えています。市川市と佐倉市の年間平均気温を比較すると、佐倉市の方が2℃近く低いので、その微妙な差が二度咲きに影響したのでしょう。開花には低温が影響するとなると、当然、環境が温暖化すれば9月下旬の開花は見られなくなるのでしょうが、過去の記事(ここここ)にも書いた通り、京都での記録になりますが、温暖化が話題にもならなかった1955年や1960年は10月に1回しか開花しなかったようです。やはり10月10日前後が開花基本日で、9月の気温の微妙な差によって、二度咲きになったりならなかったりするのでしょう。それにしても基本日がこの50年で変化していないように見えるのが面白いですね。

もし、もっと温暖化が進んだとしたら、キンモクセイの開花は10月下旬になるのか、それとも咲かなくなるのか?。沖縄にはキンモクセイが無いと聞きますが、それは育たないのか、咲かないから植えようとも思わないのか??

秋の園芸シーズン

アクセス解析を見てみたら、木酢をキーワードにして拙ブログに来られた方が増えているようだった。試しに「木酢」でブログサーチをしてみると、下のグラフのような結果が出た。
木酢ブログ
大雑把に見て、年に2回のピークがあり、4~7月の春の園芸シーズンの後、盛夏は一休みして、9~10月即ち秋の園芸シーズンにも小さなピークが現れるようだ。

木酢とセットになって現れるキーワードは・・
 自然農薬
 天然農薬
 焼酎
 ニンニク
 トウガラシ(唐辛子、とうがらし)
 ドクダミ
 害虫
 効果
・・といったところだ。

それで試しに同じキーワードで検索してみると、自然農薬(笑)ではアセビを入れるのも人気の処方のようだ。「農薬は使いたくないけど自然のものなら安心ね!」ということで、自然のものなら人に対する毒物でも安心らしい。

どのようなモノをどのような比率で混ぜるかが秘訣らしいのだが、いっそのこと全部混ぜてしまえば良いのになあと思う。おそらく混合の黄金比があるのだと思っているのだろう。何ヶ月漬けておくべしとか言うのも多くて、たぶん漬け込んでいる間に自作自然農薬のことは忘れてしまうらしく、実際に使ってどうだったかの体験談は本当に少ない。まあ、作ったところまでで自然派の自分に満足しているのだろうけど。

面白いのは、木酢液に放り込むものは、人間にとって毒であるもの、臭いもの、辛いものばかりなのだ。要するに昆虫や微生物と人間は毒物等に対する反応が同じだと信じて、人間にとってクセの強い様々なものを放り込んでいるという訳だ。自分が嫌いなものは虫や微生物も嫌いだろうと・・。こういうのは一種の人間中心思想と呼んでも構わないのだと思う。自然農薬が好きな連中は、往々にして「自然との共生」を叫んだりするのだが、「人間中心思想」と「自然との共生」が、どのように両立するのか頭の中を覗いてみたいと思う。

木酢にクセの強い植物を放り込んだ自然農薬(笑)で最も困るのは、木酢に農薬が予め混入されていても誰もチェックしないということだ。農薬でも食品でもない「雑貨」の農薬検査をする者など居ない。自然農薬(笑)を作った方は「唐辛子はやっぱり効くなあ」と思っていても、実は農薬が効いているだけという事態が起こる。実際、「漢方農薬」と称して販売された雑貨に無登録農薬が混入されていた事件があった。おそらく、安全安心万能農薬を求める人間がいる限り、今後も似たような雑貨が開発され販売され続けるのだろう。

木酢液には苦い思い出がある。随分昔の話だが、農家にある花の生産を委託したことがあって、ある日、生長が思わしくないというので農家の人が勝手に木酢液を散布したのだ。そうしたら、数日で葉が真っ黒になって、ほとんど全部(数千本)の苗が枯れてしまった。この話、実は順序が逆で、実際には「葉が真っ黒になって枯れてしまったが何の病気か?」という問い合わせで、あれこれ探っている内に、「実は木酢液を撒きました」ということが判ったのだ。何を根拠に木酢液に生長促進効果があると信じたのか全く解らなかったのだが、当時は木酢液は万能薬のように考えられていたようなのだ。誰がそんなインチキ情報を流すのか知らないが、まあ推して知るべしなのだろう。仲介に入った部署から「変な病気が出たから直ぐに見に来て欲しい」と言われて駆けつけ、あまりの惨状に絶望的な気持ちになったのを思い出す。農家の方はといえば、安全無害な自然万能薬と信じているので、木酢を撒いた事を言わないから原因がなかなか判らない。挙げ句の果てには「植物の方が悪いのだ」と言わんばかりだったり、「木酢を撒いてはダメだとは言われていなかった・・・」などと言われて本当に困った。もちろん一番困ったのは販売計画がゼロになってしまったことなのだが、この責任の所在はどこにあるのだろう。

成分も明らかでない(統一された基準が無い)、使い方の基準も無い(薬効を期待する方は自己責任でねってこと)、効果効能も明らかでない(当たり前)単なる雑貨に、「自然派」の方々は何を求めているのだろうか? とばっちりを被るのはもうご免だなあ・・・。


sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。