スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケスハマソウ

ケスハマソウ

ケスハマソウ(毛州浜草)の花が咲きました。数年前に種子をいただいて播いたものです。底白の花に赤い雌しべがアクセントになっています。

州浜草という名前は、その葉が州浜の形(円を3つ重ね合わせた文様)に似ていることからつけられたそうです。近縁のミスミソウやオオミスミソウでは葉の先端がやや尖っています。和菓子の「すあま(素甘)」も以前は州浜形が多かったようで「すはま」と呼んでいましたが、後に転じて「すあま」になったとか。

ミスミソウやオオミスミソウは変異が多く、園芸的には「雪割草」としてさかんに改良、栽培されています。このスハマソウはあまり変異が無いものの、そのままでも十分愛らしい植物と思います。ちなみに「雪割草」というのは園芸上の呼び名で、植物学的にはミスミソウやスハマソウと呼ぶキンポウゲ科に属する植物です。植物学的には「ユキワリソウ」という植物は別にあってサクラソウ科に属しています。
スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。