スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花中のストレプトカーパス

暑さを前にストレプトカーパスが咲いています。

濃い紫
先日紹介した加茂荘で購入したもので、実物はこの写真よりも濃い紫色。花弁がビロード調なのでかなり黒っぽく見えます。以前枯らしてしまった'Kim'という品種に似た濃い色なのと、交配に使ったらどうなるんだろう・・と考えて買い求めました。


マグネットスフェア
こちらはakoさんで購入したマグネットスフェア=地磁気圏?


グローリア?
ホームセンターで売られていた名無しの小輪多花個体。
ブルーの小輪多花品種でフォーリングスターという品種があるのですが、その色変わり突然変異であるグローリアという品種に似ているので購入しました。イギリスの品種でEU圏外には輸出してくれないのですが、何年か前に国内の通信販売リストに出ていたので、誰かが持ち帰って増殖したのでしょう。この株が本当にグローリアかどうかは判りませんが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

ストレプトカーパス ‘ダフネ’

カーパス・ダフネ(DAPHNE)

ストレプトカーパス ‘ダフネ' (Daphne)
優しいパステルブルーの花が魅力的な品種。比較的コンパクトとされていて、葉の長さは現在約20cm。花は比較的大きく、花径5cmほど。1本の花茎に5~6輪の花を着ける。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

双葉の運命は・・

毎年毎年、必ず何かの種を播き続けてはや三十数年・・・。いい加減飽きても良さそうなのに、種まきした後、発芽するまではワクワクドキドキです。種苗屋さんから買った種子が発芽しない事は滅多にありませんが、趣味団体から入手したものや、自家採種したものは発芽しないこともしばしばです。苗床で発芽した芽生えを見つけると、ホッと一息。育ち具合に一喜一憂しながら開花までの付き合いが始まります。その途中で毎年色々な発見があります。

さて、5月11のブログに書いたストレプトカーパスの種まき、その後です。
室内のワーディアンケースに置いて2週間程で、小さな小さな芽生えが見え始めます。針の先くらいの緑色が見えたら、それが双葉です。3週間以上かかって発芽するものもあります。

カーパス芽生え1

ストレプトカーパスは面白い性質があって、芽生えた双葉の片方だけが大きく育って、もう一方は全く生長しなくなる事です。最初は同じ大きさなのに何故なんでしょうね。どこで大きくなるならないの運命が決まるのでしょうか? 写真の芽生えでは、右側の1枚が大きくなりつつある事が判りますね。

この苗床を置いたのが窓辺の直射日光が当たらないワーディアンケースの中でした。ですから光は→の方向、つまり横方向からの間接光だけになります。すると芽生えは光を求めて斜めに育って行きます。この芽生えでは、傾いた芽生えの上側になった1枚が大きく育っています。なら、他の芽生えはどうでしょう?

カーパス芽生え2

この写真は、窓側から撮ったものです。芽生えが斜めになっているため、葉の表面がこちら側に(光が来る方向)向いているのが判りますね。・・・で、どうでしょう? 大きくなった葉はほとんど上側になった方ではありませんか!

芽生えが傾いた事による重力のちょっとした違いが、葉の生長に関わる植物ホルモンの効き方(?)に影響を及ぼしているのでしょうか?? それとも光の入射角度による影響?? 自生地(崖に生えるらしい)ではどうなっているのか?? 

ちょっと面白い発見をして嬉しい気分でいます。学術的には何か説明されているのかなあ? 今度調べてみよう。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ストレプトカーパス ‘キム’

キム

ストレプトカーパス ‘キム’(Kim)

写真ではちょっと赤っぽくなっていますが、実際には紺色がもっと強く感じられます。花弁の表面がベルペットのようで、光線の具合で色が微妙に変化し、それがまたこの品種の魅力になっていると思います。花の直径は4cmほどで、'Falling Stars' ほどには花着きが良くはないにしても、かなり多花性の品種です。(↓サイトを参考に)
http://www.gesneriads.ca/strep265.htm

良く見かける品種に比べるととても異質な雰囲気で、Dibleys Nurseriesのカタログでとても気になっていた品種です。アメリカのゲスネリア協会の会報誌でも高い人気でした。 2年程前に'Falling Stars'と同じ業者さんから輸入した葉を挿して苗作りしました。豪華に咲いてくれるといいなあ。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

流れ星再び

Falling stars

先にも紹介しましたが、沢山咲いたので再登場のストレプトカーパス 'Falling Stars'。
1本の花茎に15個くらいの小輪の蕾が着きます。ただし一斉には咲かないので、現在のところで数えると6輪程度です。大株にして花茎を10本くらい立てられれば60輪くらいですから見応えありそう。無事に夏越しして秋までに大株になって、そして見事な流星雨を見せておくれ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。