スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conophytum uviforme subsp. uviforme

uviforme


夜咲きのコノフィツムは派手さは無いものの、豊かな香りで楽しませてくれます。暗くなってから開花してくれるので、帰宅が遅くなっても十分楽しめます。このConophytum uviformeは花を一遍に開くので見ごたえがあります。夜咲きとは言え、昼間天気が良く無いと花が開かないような気がするのですが、ちゃんと確かめてはいません。出来れば明日の天気を予報してくれたら嬉しいのになあ。満開なら明日は晴れとかね。砂漠の植物は雨が待ち遠しいから、満開だと雨かなあ。

つまらない事を考えながら花を眺めているうちに秋の夜が更けて行きます。
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

琥珀玉の開花

琥珀玉

リトープスの琥珀玉(L. karasmontana subsp. bella)です。実際この個体がこの学名に対応するかどうか自信はありません。

リトープスにはほのかな菊のような香りがあり、これくらい群生すると結構香ります。

オリーブ玉 開花

オリーブ玉


メセンシーズンも中盤を過ぎ、我が家ではリトープスが開花しています。
写真は「オリーブ玉」(Lithops olivacea)です。
リトープスはごく一部の例外を除いて花の色は黄色か白しか無いため、カラフルなコノフィツムに比べると地味な印象があります。しかし、輝く大輪の花は力強く、群開する様は圧倒的な存在感を与えます。

開花は晴れた日の午後で、夕方には閉じてしまうためほんの数時間だけです。もちろん数日間は開閉を繰り返すのですが、運悪く月曜日に開花し始めると、週末には盛りを過ぎてしまいますし、土日の天気が悪いと花開く姿を見ない内に終了・・・という事もあります。

今年は運良く晴天の休日に満開になりました。自生地では人知れず咲き誇っているんだろうなあ、、などと考えながらしばし見とれていました。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

サフランの収穫

サフラン

今年もプランター2個に植えたサフランが沢山咲きました。長く垂れ下がった赤色の雌しべをしばし観賞した後、えいやっと気合いを入れつつ丁寧にそっと抜き取ります。

サフラン

今日収穫した雌しべです。この先1週間程の間にまだまだ採れるでしょう。
1個の花から3本だけ採れます。このまま陰干しして保存し、サフランライスなどの料理に使っています。球根は毎年2倍程度に増えてくれていて、料理数回分を収穫する事が出来ます。買うと高いもんね。同じ重さの金に匹敵するとか。手間ひまを考えると金よりも高価になっていたりするかも知れませんが、こんな植物を育てておくと家族の園芸に関する理解も得られ、また皆で楽しめるものです。

シクラメンの種まき

シクラメンの種子

12日の日曜日、ちょっと遅くなってしまったため年内に発芽するかどうか心配ですが、先日到着した原種シクラメンの種子を播きました。

今年は控えめで、コウム、ヘデリフォリウム、コルチカム、ミラビレ、ローフシアナム、シリシウム、レパンダムの全7種です。葉の模様がお気に入りなので、コウムとヘデリフォリウムはミックス種子も購入しました。ローフシアナム、シリシウム、レパンダムは友人が自家採種したもので、他は輸入種子です。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。