スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールド系ヘレボラスの黄葉

古葉が枯れて見苦しい感じになって来たので、そろそろ切り取ってしまわねばなあと鉢植えのヘレボラスを眺めていると、ゴールドネクタリー系の葉がひときわ黄色くなっているのに気がつきます。
ゴールド

我が家にはゴールド系が2鉢あって、右のまっ黄色のものは実は未だ開花していませんが、これくらい黄色ならゴールドが開花すると期待しています。写真左の緑色っぽい方もゴールド系で、アシュウッド・ナーセリーから購入した種子から出ました。昨シーズン初花で、なかなか良い花が咲きました。

ゴールド系は、このように葉も黄色いことが知られていますが、この色素は判っているのでしょうか? イチョウの黄葉(=紅葉)と同じ事が起こっているなら、花や蜜腺の輝くような黄色もまたカロチノイドなのでしょうか? そして、レモンイエローやアイボリー系のものはフラボノイド色素?? もうちょっと詳しく調べてみよう・・。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

ネズミ出没

数年前から2階のベランダにネズミが出没するようになってしまいました。
彼らの餌食になるのは多肉植物のリトープス。何故か近縁のコノフィツムは沢山あるのに見向きもしない。コノフィツムはもっぱら鳥のイタズラ相手になっています。

今日驚いたのは、先日鉢に植えたフリージアの球根が掘り返されて食べ尽くされてしまっていたこと。それに同じアヤメ科球根のモレアも、堅めの殻を残して綺麗に食べられてしまいました。今年友人から頂いたものなのでショック! 幸い2鉢あった内の1鉢は、ほとんど手つかずで難を免れました。沢山植えてあるシクラメンは無事でした。地表から2cmくらい下に埋まっている球根、しかもこの2種の球根が埋まっていることをどうやって知るのでしょう。きっと特有の匂いがあるのでしょうね。

ネズミの食害で、もっと不思議で腹立たしいことがあります。昨年の初夏に播いたヘレボラスの種子も、無惨にほじくり返されて食べられてしまいました。だいぶ根が伸びていたのに、双葉の部分だけ食べて、根は土の上に残されていました。ただ、播いた種子数が多いので、全滅というわけでは無さそうなのが幸いです。2年程前にも播種直後にやられているので、対策をしていなかった自分の不注意といえば不注意なのですが。それにしても、地中にある米粒ほどの大きさの種子をどうやって見つけるのでしょう。やはり匂いがするのだとしか考えられませんが、わざわざ掘って食べる程、ヘレボラスの種子に栄養があるのでしょうか。それとも彼らをそんな行動に駆り立てる魅力的な匂いがあるのでしょうか。ヘレボラスはもともと日本には無い植物ですから、日本のネズミがその種子の匂いを知っているというのもまた不思議です。

さて、フリージアが食べられてしまったので、また球根を買いに行こうかどうしようか。フリージアの香りは春に欠かせないものですからね。ホームセンターに行けば売れ残りがありそうですが、フリージアは植付けが遅れると小さな球根をつくって休眠してしまうのです。また食べられてしまうとイヤなので、春に鉢植えを買った方が良いかも知れませんね。

それにしても、数年前まではネズミの食害なんて皆無でしたのに、急に増えてしまったのは何故でしょう。しばらく前の新聞にクマネズミが増えているのだと書いてありました。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。