スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解しても無くならない

昨日テレビ朝日で「エコ甲子園」という番組を放送していた。
後半を見ただけなので詳しくは分らないが、エコに取り組む学校の活動を紹介するものらしい。

色々と工夫している高校生の姿は微笑ましかったが、番組を作る側の知識レベルにかなり疑問を感じた。伝える側がいい加減だと、彼らが折角努力しているものが、正確に伝わらないだろう。その上、不適切な場所に情緒的解釈を織り交ぜるクセは何とかならないのだろうか?

一番気になったのは「分解」という言葉。

釧路湿原に流れ込む畜産由来の屎尿が湿原の水を富栄養化し、本来そこに生えない植物が繁茂した結果、湿原の面積がどんどん狭くなっているらしい。それを微生物の力で何とか解決したいという話だ。生徒達は、その微生物が好んで棲む(らしい)植物を探し、増殖した苗を湿原に植えることで水質浄化が出来ないかというチャレンジとのこと。

たしか番組では、その微生物が屎尿の「有機物を分解する」ので水が浄化されると説明していた。

この「分解する」というのがくせ者で、一般的には「分解する = 無くなってしまう」と捉えられているような気がする。例えば、ダイエット関係だと「ウーロン茶が脂肪を分解して云々」などと使われる。分解されて無くなってしまうので、油っぽいものを食べても大丈夫と理解されているのだろう。番組でも、分解されたものがどうなって行くのかの説明は全く無かった。取材側は、分解された=無くなってしまった、と考えたに違いない。

高校生達が探していたのは、おそらく「脱窒菌」だと思う。屎尿由来の窒素化合物を嫌気条件下で気体窒素(窒素ガス)にする微生物だ。植物と共生(?)するかどうかは知らないし、かなり高濃度で流れ込む窒素化合物を脱窒菌がどこまで気化するかは疑問だが、いずれにしても窒素が無くなったわけでは無い。リン酸の方はそのままだし。

炭で河川の水が透明になったので「綺麗になった」と言っていたコーナーもあったが、透明になったら良いというものでも無いし、炭は何でもかんでも吸着する魔法の物質では無い。生徒達はそのあたりのメカニズムを理解していると思われるが、とにかく取材する側に理解力というか、それ以前の知識が無い。目に見えなくなれば、微生物が分解すれば、都合の悪いものが消えてなくなると思っているのが驚きだ。話は逸れるが、河川に菌の培養液(要するに腐った有機物液)を大量投入して浄化しようという訳の分らない話があったっけ。

まあ、植物は自分が必要な元素を自分で作り出すと言う人がいるくらいだから、物質が消えて無くなったところで別に驚くに値しないのか?
スポンサーサイト

原種ヘレボラス

季節がら、ヘレボラス関連のキーワード検索で拙ブログを訪問される方が増えています。
今年、特に目立つのは原種名をキーワードにしての来訪で、アクセス数の多い順に並べると以下の通り、ゴールドネクタリーを除いて、全て原種になっています。特にボッコネイとデュメトルムは人気急上昇中という感じです。

ボッコネイ
ゴールドネクタリー
デュメトルム
クロアチクス
アトロルーベンス
リグリクス

2000年頃ですが、高杉さんが原種の種子を販売されていた頃、ボッコネイの種子を注文したところ、「全く売れないので全部播いてしまいました」という返事をいただきました。それをわざわざ掘り出して送って下さったのが懐かしく思い出されます。

デュメトルムでのアクセスは突然で、どこかで話題になっているのでしょうか?
小型の草姿と柔らかな葉、それに夏の落葉性に注目して交配しましたが、やはり最低でもF3くらいまで見なければならなそうです。今のところ時間とスペースの余裕が無いので交配を中断してしまっていますが、いずれ再開したいと思います。

キーワードに出て来ませんでしたが、オドルスの香りに興味があって、交配に使う親株を手に入れたのはもう10年も昔の話になってしまいました。香りの無いヒブリダスとの交配では、やはり香りが薄くなってしまうので、何世代かかけて香りと色の遺伝子を集めていかねばならなそうです。

オドルスの香りは黒スグリ(カシス)に似ているとされ、おそらく香気成分はチオール系と考えられます。カンキツの香りというとモノテルペン系の成分が思い出されますが、チオール系の香気成分は分子内にイオウを含んでいることで大きく異なる成分です。そして閾値がとても低い事から、東洋蘭の香りのように、極微量でも遠くまで香ります。オドルスも自生地によって様々な変異があるようで、花色も緑色から黄色まで幅があります。ゴールドネクタリーもおそらくオドルスから来た形質ではないかと想像しています。そして香りにも差が・・・? 特に黄色味の強い個体を探して行けば、黄色いプリムラのような香りの個体に当たるんじゃないか、濃い黄色やオレンジ色と柑橘系の香りが両立出来るのでは?と妄想の妄想を膨らませています。

ボッコネイとリグリクスもオドルス同様の香りがあります。リグリクスの香りが最も強いように思いますが、これも種の特徴なのか個体差なのか判りません。一口に原種と言っても、個体差や地域差が大きいですから、丹念に自生地を探索して行けば育種に役立つ形質を持ったものに出会うことがあるかも知れませんね。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

紅大内玉

今年はリトープスの花着きがとても良いです。
紅大内玉は遅咲きなので、今ごろ蕾を着けています。低温のため生長が遅く、開花はたぶん来年1月になるでしょう。

紅大内玉

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ヘレボラス・チベタヌス

中国でチベタヌスの核型に関する論文が出たのが1987年、荻巣樹徳氏がイギリスに再紹介したのが1989年ですが、日本に初めて植物が持ち込まれたのはいつ頃でしょうか?
私が初めてチベタヌスの鉢植えを購入したのは1996年頃だったと思います。ちゃんと根が張った開花株が2~3000円程で、あまりの早い販売に驚いたものです。自家受粉させて種子を採って播きましたが、残念ながら上手く実生を育てることが出来ませんでした。

その頃売られていた鉢植えはしっかりとした花が着いていて、株もちゃんと根が張ったものが多かったと思います。ところが、その後から今に至るまで販売されるものは全て中国から輸入された野生株と思われるもので、一度買い求めてみましたが、根が5cm程の長さに無惨に切り詰められたものばかりです。子供の頃、正月用の鉢植えとして売られていたフクジュソウもそんな感じで、ちゃんと開花することはおろか、直ぐに枯れてしまう運命であることは明らかでした。実際、植えてそれほど経たない内に枯れてしまいました。

しっかりと養生した鉢植えが販売されないので、この種類の栽培は諦めていました。ところが、昨年の初夏の頃、ホームセンターで葉が元気な苗を発見しました。春に販売していたものの売れ残りですが、コンディションと運が良かった株が生き残ったという感じです。安くなっていたので、ついつい買ってしまいました。有機物の無い培養土で植え直し、エンレイソウと同じ場所で同じように管理しました。

チベタヌス

↑今日の様子

無事に夏越しが出来、新しい芽がふくらんでいます。植え替え時に根を観察したところ腐りも無く、ほっと一安心しました。腋芽も1個ついています。来春の開花が見られるかどうかは怪しいところですが、まずは無事に夏を越えたことを祝いましょう。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

ベシカリウス播種後4年


2004年12月に播種したヘレボラス・ベシカリウスが今年も新葉を広げて来ました。
夏の間は葉を落として休眠しているので、毎年ちゃんと芽が出るかと心配です。

ベシカリウス1

↑今日の様子
昨年は7本ありましたが、危険分散で他所に嫁入りしたため、今は4本になっています。
左の鉢は2本入り、他は1本ずつ植えてあります。

ベシカリウス2

↑一番大きい株
2芽に増えています。芽出しの時には葉の数が決まっているように見えますので、1芽あたりの葉の数は昨年より少なくなるような気がします。

ホントに生長がゆっくりな植物ですね。栽培が下手という問題もあるでしょうが。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

死ぬかと思った

椎茸の培養のことを書いていて思い出したのですが、同じ頃に種々の物質の電気分解を試してみたことがありました。ある日、食塩水を電気分解してみようと思って、水素と塩素が出るだろうと予測しました。それでやってみると、電極からシュワシュワと泡が・・・片方の電極からは何やら緑色の気体が・・・小さなガラスカップに集めてみました。これが塩素ガスに違いないなと・・。自宅でやっていたので、試験管なんていう上等なものは無かったのです。で、カップを開けてみると・・・ものすごい刺激臭がして驚きました。調べてみると塩素ガスは毒なんだそうで、あやうく死ぬところだったんじゃないかとヒヤヒヤしました。ついでに白状すると、やはりその頃ですが、2度ほど感電して痺れました。

その頃の毎日と言えば、そんな実験をやっているか、種まき&植え替えをしているか、夜空を眺めているか・・・勉強もせずに、今思えば阿呆な子供でした。

菌類のふしぎ

12月13日 上野の国立科学博物館で開催中の特別展「菌類のふしぎ **きのことカビの仲間たち**」を見学してきました。

菌類2

昨年見学した特別展示「花」に比べると対象が「菌類」ですから、見学者の入りもきっと地味~なんだろうと予想していました。ところが、さすがに入場待ちの行列は無かったものの、会場内には多くの人が・・・台の上に置かれた展示品を見ながら説明文を読むので時間がかかる=人数の割には前に進めない。

先月は、科学博物館の近くにある東京都美術館でフェルメールを見てきたのですが、お客さんの層が明らかに違うのが面白いですね。フェルメールはやはり女性、特に中年以上の方が多いのに対して、菌の方はというと若い人、特に男性が多いです。明らかにもやしもんが目的の人も多々・・。

菌類4

一般的に「菌」と言った場合は細菌や粘菌も入るのですが、この展示会は科学博物館が主催ですから、生物分類学に基づいて「真菌類」を「菌」と呼ぶことになっています。分類学では、バクテリア(細菌)や藍藻は原核生物で、真核生物である菌類とは切り離して扱われます。知らなかったのですが、そもそも「菌」とはキノコを指す言葉なのだそうな。確かに「くさかんむり」があって、朽ち木から草が生えた感じのする文字ですね(妄想)。

菌類7

↑展示の大半はキノコ(樹脂浸透標本やレプリカ、液浸標本)でした。あと、もやしもんのキャラクター。その中には枯草菌や病原性大腸菌0-157なんかもあったので、展示会での「菌の定義」から言うと誤解を招きそうな気もしました。気がつかなかっただけかも知れませんが、キノコの展示は大まかな分類はあるものの、分類体系は判りにくいように思いました。キノコの分類は全く知らないので・・。

菌類6

↑黒穂菌の類が感染して肥大したトウモロコシ。マコモ筍のような仕組みで肥大するのでしょう。メキシコでは食用となる(左の缶詰)そうです。

菌類3

↑今回最大のお目当ての「光るキノコ」コーナー
小さなスリット状の覗き窓からヤコウタケが光っている様子を見ることが出来ます。
想像以上に光っているので驚きました。数本あれば本が読めるくらいの明るさ・・だそうですから当然かも知れませんが、やはり実物を見ると感動します。イタズラで「遺伝子組換えで光るようにしたキノコです」って書いておいたら、皆は「素晴らしい」と思うでしょうか?

菌類1

↑ヤコウタケ以外にも光るキノコは色々ありますね。
このパネルの向こう側には人工気象機が置いてあって、展示用に培養しているビンが沢山置いてありました。自分でやってみたい!

思い出話の類になりますが、椎茸が大好きでしたので、自宅で沢山採れたらいいなあと考えてホダ木が欲しかったことがあります。今でしたらホームセンターで安く売られているのですが、その頃は売っているのを見かけることすらありませんでした。ならば自分で作るしかないなと、図書館で色々と調べてみました。小学校5年生の頃の話です。それで、八百屋で売っている椎茸を材料に、先ずは寒天培地を作って菌糸を無菌培養する計画を立てました。菌糸が上手く培養出来たら、次に近くの材木市場でおが屑を貰って来る計画です。今では人工ホダ木(おが屑培地)での子実体(キノコ)生産は商業的に行われていますが、当時は非常に困難と考えられていました。まあそこは子供っぽい万能感で、自分なら出来るんじゃないかと無邪気に(当然のことながら当時は本気)思ってチャレンジすることにしたのです(笑)。もちろん高圧殺菌釜などは無いので、コッホ式蒸気殺菌(蒸し器で1時間殺菌を1日おきに3回行う)で培地を殺菌し、椎茸を表面殺菌してから内部の組織(菌糸)を切り出して培地に置きました。数日後・・・見事にコンタミしていました。椎茸を作るはずがカビが生えまくって、結果的には人生初のコンタミ体験となった訳です。とにかく教えてくれる人がどこにもいなかったので、どこで材料を手に入れたら良いのかから全部自分で考えねばなりませんでした。おかげで、殺菌法やキノコの人工栽培の基本的なことを学ぶ事が出来たので、結果は失敗でしたが楽しい経験になりました。

そんな事をなつかしく思い出しながら、発光キノコの培養をやってみたいと考えています。誰か技術的なことを教えてくれないかなあ・・・。

そういえば、夜の西表島の林道を歩いていたら、落ち葉や朽ち木がかすかに光っていました。恐らく微生物が光っているのでしょうが、発光のメカニズム等はどこまで判っているのでしょう??うまくやったら、培地全部が光ったりするのでしょうか?

菌類5

↑見学が終わるとすっかり日が暮れていて、西洋美術館ではイルミネーションが綺麗です。
背後にあるのはロダンの「地獄の門」・・・ダンテの神曲に出てくるあれですね。怖いので遠くから見るだけにしておきます。

キンモクセイと温暖化

「キンモクセイ 温暖化」でgoogle検索をしてみると、例のぶっ飛び天声人語が大学入試(筑波大・情報(メディア創成))の小論文課題として使われたそうです。メディアとのつきあい方に関しての良い題材になるような気もします。

「地球温暖化」は国を挙げての産業施策のキャッチフレーズという様相になってきたので、この頃は全ての事象は地球が温暖化していることを前提に解釈されるようです。ですから、キンモクセイの開花期が早かろうと遅かろうと、あるいは乱れまくっていようと、全ての道は温暖化に通じることになっています。その道を行くあなたの背中を押すのは、エコっぽくて、ノスタルジーに満ちた「上農」だったり「村の古老」だったりするのです。いったい彼らは我々をどこに連れて行こうとしているのでしょうね? 私はまだお迎えには来て欲しくないですし、町中で育ったためか村にも農にも懐かしさや親しみを感じません。

さて、「温暖化」のような絶対真理的前提でものごとを見ることを、一般的には「色眼鏡で見る」と言うわけですが、長年の紫外線照射の影響で白くなってしまったレンズを通して見る世界は真の姿とは大きく違っているかも知れません。誰もが「色眼鏡」からは自由になれないので、少しでもクリアな世界を見たいということで、客観的なデータを集めることが重要になります。もちろん、自分自身でデータを取ることも大切ですが、数年だけの記録では誤差が大きすぎて判断を誤ることになるでしょうから、なるべく長いスパンの記録が欲しいものです。出来れば50年とか100年とか・・・。そういう長期間のデータが、たった数年間の個人的経験による判断の誤りを修正してくれるでしょう。

残念ながら、ネット上にはキンモクセイの開花日のデータはほとんどありませんでしたが、横浜市環境科学研究所の発行している2008年の報告書に「横浜市こども植物園における気温変動による植物開花日の経年変化」という報告に若干キンモクセイについての言及が見られました。pdfファイルで全文がダウンロード出来ますから、興味のある方は読んでみてください。

この報告書に、横浜市の、この60年間の年平均気温の変化を示すグラフが出ています。
横浜気温変動

この27年間で約1.5℃の上昇傾向が見られ、特に80年代後半からの著しい上昇傾向が見て取れます。また、この100年間では約2.6℃の気温上昇が見られたそうで、そのうち1.6℃はヒートアイランド現象によるものと推測されるとのことで、ヒートアイランド現象プラス温暖化が横浜市での気温上昇の原因と考えられるようです。

この27年間、41種の植物の開花日を記録し、まとめたのがこの報告書で、開花期が早まったもの、遅くなったもの、変化しないものに分けられました。開花時期が変化しない傾向にあるものが次の7種で、調べた花木の29%にあたります。

トサミズキ、カンヒザクラ、クヌギ、ミズキ、ノイバラ、ハマボウ、キンモクセイ

このうち、トサミズキ、カンヒザクラ、ハマボウ、キンモクセイは1980年代後半に早くなる傾向もあるらしく、トサミズキやカンヒザクラのように春咲きのものは解りますが、キンモクセイが早くなる傾向もあるというのが不思議です。ただ、キンモクセイの開花ピークは複数回あるという特性を踏まえての「傾向」なのかどうか不明です。

先日の記事にも書きましたが、やはりキンモクセイの開花時期はこの50年くらい変動していないと考えてよさそうです。気温の上昇があったにも関わらず。

「温暖化」という色眼鏡で見てたので、キンモクセイの開花時期のゆらぎという現象が、温暖化の影響という解釈につながってしまったと言えます。実際にはキンモクセイの開花時期は変動していなかったのですから、色眼鏡が真の姿を隠してしまったとも言えるのです。天声人語に倣って言えば、このようなキンモクセイのイタズラとも言えるような花芽の仕掛けは、人々がかけている色眼鏡に気付かせるひそやかな鐘とも・・・(笑)さらに言えば、最近流行の「役に立つ(=すぐ金儲けになる)科学」的な発想に対する警鐘とも・・・。答え(=解釈の仕方)が既に決まっているのなら、わざわざ研究などしなくても良いでしょうし、真の姿が持つであろう意外性(キンモクセイを例にすれば、多段咲きという現象やその仕組み)に目を瞑ることになりそうな気がします。

話は変わりますが、キンモクセイは沖縄には無いという話を聞きました。昔から有名な植物ですから、誰か植えたことはあるのでしょう。それが育たないのか、開花しないだけなのか???

キンモクセイの開花調査2008

キンモクセイの事を書こうと思っていたのに、10月4日の記事からだいぶ経ってしまいました。

毎年、我が家(千葉県北西部)の近所の公園のキンモクセイを観察しています。今年は2度咲きし、1回目が10月4日、2回目が10月10日で、1回目の開花数は少ないものでした。例によってブログ検索をしてみると・・
キンモクセイ7
10月8日頃が大きなピークになっています。良く見ると、10月2日に小さなピークがあって、これが1回目の開花を示しているのでしょう。

今年は開花前から、同じ蕾(花)の変化を写真で記録してみました。

まとめ

9月28日の写真で判るとおり、1つの節には片側に3個の花芽があります。しかし、他を見ると片側2個だったり4個だったりと、1つの節当たりの花芽の数は決まっていません。また、1つの花芽の中には数個の蕾が入っていて、上の方(写真では左方向)にある花芽から順次咲いて行きます。           

9月28日、まず一番上の花芽から蕾が現れますが、2番目、3番目の花芽はまだ固いようです。

10月2日、1番目の花はほぼ満開状態です。2番目、3番目の花芽はあまり膨らんでいないようです。木全体としても花数が少なく、「満開」と言う雰囲気ではありません。

10月5日、1番目の花は萎れて香りもありません。一方この3日間で、2番目、3番目の蕾が急速に膨らんでいますが、木全体の雰囲気としては、花が咲いていないように見えます。

10月10日頃に満開となりました(時間が無くて写真撮影出来なかった)。

10月18日には全ての花が枯れ落ちていました。枯れた花を取り除くと、小さな葉芽が1つ着いているのが確認出来ました。

キンモクセイ6
別の枝を観察してみると、葉芽が2つ着いているものもありました。花芽より下の方にある小さな芽が花にならずに葉芽になるようです。


これまでの観察をまとめると・・・

1.花芽は葉腋に複数個(3~4個の場合が多い)着く
2.1つの葉腋に着いた花芽は上方にあるものから順番に咲く
3.1回目の花が咲いている間、2番目以下の花芽はあまり動かない
4.何回咲くかと、各回に咲く花芽の数は決まっていない(2度咲きの例:1個→3個、2個→2個、3個→1個) 
5.人は開花数の多かった回を「満開」と感じる
5.報道にあった「枝の途中から出る不定芽から咲いた花」は全く見られなかった


キンモクセイは、大きさ(発達段階)の異なる花芽が同じ節に並ぶところが、他の植物には無い大きな特徴のようです。そして、花芽が成熟した順に複数回に分けて咲くのですが、各回で咲く花芽の数は決まっていないようです。従って、1回目の開花が目立つ年があったり、2回目が目立つ年があったりして、我々はその違いで、満開が早いとか遅いとか感じるのでしょう。

しかしここで疑問が出て来ます。花芽の発達段階が様々であるなら、順次咲いて行くのが自然では無いでしょうか? 2週間くらいかけて次々に咲き続けても良さそうなのに、何故、2回、場合によっては3回に分けて咲くのでしょうか? どこかに開花のタイミングをコントロールしている仕組みがあるように思われます。

例えば、最初の花が咲いている間は、次の花芽が大きくならないような指令が出ている・・・と考えてみます。植物には「頂芽優勢」という仕組みがありますが、これに似た仕掛けがあるのではないでしょうか。最初に咲いた花が何らかの生長抑制物質を生産していて、それが下位にある花芽の生長を抑え、最初の花が散ると抑制が解除される・・・とか?

ちゃんと研究すると、花の開花調整に使える技術になるかも知れないと、妄想を働かせています。



過去の開花日
参考まで・・・

京都
1955 10/14
1960 10/04
1961 09/24, 10/16
1968 09/19, 10/10, 10/18, 10/28
1972 09/22, 10/02
1973 09/25, 10/05, 10/18

千葉
2006 09/23, 10/09
2007 10/10
2008 10/04, 10/10

10月10日頃を基本にして、前倒しで少数咲かせる年があったり、咲き残りを10月中旬以降に咲かせる年があったり・・・そんな感じでしょうか?? その違いは何によるのかも、ちゃんと調べたら楽しそうです。気温と日長のコンビネーションで説明出来ないでしょうか?? データロガーでも使って・・・。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。