スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペトロコスメア セリケア

セリセア

Petrocosmea sericea

毛がフワフワ・・・
スポンサーサイト

ダブル咲きヘレボラス

ダブルは今ひとつと言いながら、数年前にオーストラリアからダブルストレインの種子を取り寄せて播いてみました。一応品種名はついているのですが、かなりの個体差があって、見本写真より良い感じのものが咲くこともあります。

DD1
花色としてはありふれた感じですが、弁数がやや多めのように思います。数えてませんが・・。


DD2
上とは別のストレインで、優しい雰囲気の花が咲きました。比較的小輪です。

上から見下ろすので、咲いている姿はシングルもダブルも関係無いのが残念と言えば残念です。正面の写真を撮ろうとすれば、必ず指が一緒に写ることになるし・・・。それならばと、横向きや受け咲きを目指す気持ちは良くわかるのですが、それはもはやヘレボラスでは無い・・・とも思ってしまい、やはりダブルは良くわからないなあという気持ちでいます。鉢植え向きの系統が出来れば良いのかなあ・・・。少なくとも、ガーデン用のダブルはツマラナイ感じがします。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

ヘレボラス ボッコネイ

ヘレボラス ボッコネイ

ボッコネイ

花数は少ないですが、今年も咲きました。
香りは柑橘+ジンチョウゲといった感じです。オドルスより強く、リグリクスよりクセが無く、より万人好みかも知れません。また、葉のギザギザが特徴的ですね。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

ケ・ケ・ケ ・・・

毛の生えた植物が大好きです。子猫みたいだから??

セダムヒントニー
我が家では数少ないセダム
その中の一種、ヒントニー
丁度開花しています。5弁の星形の花が可愛らしい。

ギバ
ギバエウム ピロースラム
ギバの中では最も毛深いかな・・・左右不均等なハート型にフワフワの毛が生えます。心臓の毛もこれくらいなら良いかも。

ステファニー2
コノフィツム ステファニー(Gemsbokvlei?産)
毛生えコノとして最も有名な種類
年々毛深くなって行くような・・・主の頭とは逆に・・・

ステファニー1
同じくステファニー(亜種ヘルムティー Rosyntjieberge産)
昨年3月に頂いたもので、最も大きくなる個体だそうです。
どれも同じクローンですが、左下の3頭株は大きさの見本として挿し穂をいただいたもので、ダメもとで挿したところ上手く活着しました。同じクローンなのに、大きさに随分と差が出てしまいました。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ベシカリウスの苗

ベシカリウス
播種から約4年目のベシカリウス

生長は相変わらずスローです。最も大きい株では腋芽が出てきてました。
栽培下手なので、開花まであと何年かかるやら。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

今咲いているヘレボラス

我が家で今咲いている花をご紹介。
珍しいものや高価なものはありません。

イエローダブル2
サンシャインの展示会の折にガラポンで当たったダブル。
名札が無かったので、通称「サンシャインイエロースポットダブル・たぶんパーティードレス」(笑) 草型がコンパクトでお気に入りです。

いんそむにあHyb
良くある濃ピンクのダブル。

ニゲル
ニゲル



テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

ダブルイエロー x ゴールドネクタリー

この頃、様々な組み合わせの交配が試されているようなので、わざわざ自分で交配する必要があるのかどうか悩むところです。なにしろ狭いスペースしかありませんし、園芸作業に割く時間も限られていますから。ダブルのヘレボラスはあまり良いとは思えないのと、誰でもやってそうな(= 既に答えが出ているような)交配なのですが、折角ゴールドネクタリーが咲いてくれたので、ダブルと交配してみました。

イエローダブル
左のクリーム色のダブルは、5年ほど前にオレゴン州のラッセル・グレアムさんに頂いた種子由来です。

F1はほとんどクリーム色のシングルでしょう。そして、F2で葉緑素が退色したものとダブルの二重劣性を拾う事になるでしょうから、20~30個体は栽培せねば何も得られない可能性があります。色の濃さは量的な形質でしょうから、濃い色の個体を選抜したかったらさらに多くの個体を・・・。そこまでやるべき親株と言えるかどうか・・・。まあ、そこまで気張らずにゴールドネクタリーの色がどのように遺伝するのかを見ることにしましょう。

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コノフィツム

この時期、コノフィツム達はほとんど変化がありません。
種類にもよりますが、模様が赤く浮き出たり全体が赤くなるものなどがあり、華やかではありませんが楽しいものです。

1111

222

これから先、9月の脱皮までは特にやるべき作業はありません。もちろん梅雨明けの遮光は欠かせませんけど・・。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。