スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の園芸シーズン

アクセス解析を見てみたら、木酢をキーワードにして拙ブログに来られた方が増えているようだった。試しに「木酢」でブログサーチをしてみると、下のグラフのような結果が出た。
木酢ブログ
大雑把に見て、年に2回のピークがあり、4~7月の春の園芸シーズンの後、盛夏は一休みして、9~10月即ち秋の園芸シーズンにも小さなピークが現れるようだ。

木酢とセットになって現れるキーワードは・・
 自然農薬
 天然農薬
 焼酎
 ニンニク
 トウガラシ(唐辛子、とうがらし)
 ドクダミ
 害虫
 効果
・・といったところだ。

それで試しに同じキーワードで検索してみると、自然農薬(笑)ではアセビを入れるのも人気の処方のようだ。「農薬は使いたくないけど自然のものなら安心ね!」ということで、自然のものなら人に対する毒物でも安心らしい。

どのようなモノをどのような比率で混ぜるかが秘訣らしいのだが、いっそのこと全部混ぜてしまえば良いのになあと思う。おそらく混合の黄金比があるのだと思っているのだろう。何ヶ月漬けておくべしとか言うのも多くて、たぶん漬け込んでいる間に自作自然農薬のことは忘れてしまうらしく、実際に使ってどうだったかの体験談は本当に少ない。まあ、作ったところまでで自然派の自分に満足しているのだろうけど。

面白いのは、木酢液に放り込むものは、人間にとって毒であるもの、臭いもの、辛いものばかりなのだ。要するに昆虫や微生物と人間は毒物等に対する反応が同じだと信じて、人間にとってクセの強い様々なものを放り込んでいるという訳だ。自分が嫌いなものは虫や微生物も嫌いだろうと・・。こういうのは一種の人間中心思想と呼んでも構わないのだと思う。自然農薬が好きな連中は、往々にして「自然との共生」を叫んだりするのだが、「人間中心思想」と「自然との共生」が、どのように両立するのか頭の中を覗いてみたいと思う。

木酢にクセの強い植物を放り込んだ自然農薬(笑)で最も困るのは、木酢に農薬が予め混入されていても誰もチェックしないということだ。農薬でも食品でもない「雑貨」の農薬検査をする者など居ない。自然農薬(笑)を作った方は「唐辛子はやっぱり効くなあ」と思っていても、実は農薬が効いているだけという事態が起こる。実際、「漢方農薬」と称して販売された雑貨に無登録農薬が混入されていた事件があった。おそらく、安全安心万能農薬を求める人間がいる限り、今後も似たような雑貨が開発され販売され続けるのだろう。

木酢液には苦い思い出がある。随分昔の話だが、農家にある花の生産を委託したことがあって、ある日、生長が思わしくないというので農家の人が勝手に木酢液を散布したのだ。そうしたら、数日で葉が真っ黒になって、ほとんど全部(数千本)の苗が枯れてしまった。この話、実は順序が逆で、実際には「葉が真っ黒になって枯れてしまったが何の病気か?」という問い合わせで、あれこれ探っている内に、「実は木酢液を撒きました」ということが判ったのだ。何を根拠に木酢液に生長促進効果があると信じたのか全く解らなかったのだが、当時は木酢液は万能薬のように考えられていたようなのだ。誰がそんなインチキ情報を流すのか知らないが、まあ推して知るべしなのだろう。仲介に入った部署から「変な病気が出たから直ぐに見に来て欲しい」と言われて駆けつけ、あまりの惨状に絶望的な気持ちになったのを思い出す。農家の方はといえば、安全無害な自然万能薬と信じているので、木酢を撒いた事を言わないから原因がなかなか判らない。挙げ句の果てには「植物の方が悪いのだ」と言わんばかりだったり、「木酢を撒いてはダメだとは言われていなかった・・・」などと言われて本当に困った。もちろん一番困ったのは販売計画がゼロになってしまったことなのだが、この責任の所在はどこにあるのだろう。

成分も明らかでない(統一された基準が無い)、使い方の基準も無い(薬効を期待する方は自己責任でねってこと)、効果効能も明らかでない(当たり前)単なる雑貨に、「自然派」の方々は何を求めているのだろうか? とばっちりを被るのはもうご免だなあ・・・。


スポンサーサイト

キンモクセイの開花予想

今年は何となくですが、はっきりとしたキンモクセイの二度咲きが見られるような気がします。一度目は9月20頃で二度目は10月10日頃でしょうか・・・。

気温の記録など見直しつつ、公園のキンモクセイを見て予想して見ることにしよう・・。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。