スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園芸学部 百周年

千葉大学園芸学部は1909年に千葉県立園芸専門学校として開校し、1914年に千葉県立高等園芸学校に改称、1929年に文部省に移管、官立千葉高等園芸学校、1944年に千葉農業専門学校と変遷を経て、1949年より千葉大学に包括され現在の園芸学部となった。今年は学校設立から数えて百周年ということで記念事業が行われた。

c1
昨年あたりまでシナサワグルミが鬱そうと茂っていた場所に花壇が出来ていた。数字の100の隣は千葉大の校章。シナサワグルミは右下の切り株になってしまったなあ。

c3
特別展は12月23日まで・・。

c4
天皇皇后の行幸啓の様子

c5
卒業生&学生のチョコレートコスモス及びプリムラのバイテク育種成果展示

c2
折しも大学祭(戸定祭)が開催中で、沢山のお客さんで賑わっていた。
農場で収穫した野菜類が人気です。鉢物や植木類も販売していますが、これは仕入れ品がほとんど。大学は生産の場では無いので仕方ないでしょう。

C9
屋上からフランス式庭園方向を望む。展示は正面の建物の1階で・・。

c6
旧正門
松戸駅方面から徒歩で入るには不便なので、今はこの門を通る人は少ないだろう。
市川駅からバスで来る場合は、小山バス停で降りてこの門から入ることになる。私は受験の時はこの門から入ったが、未舗装で木々がもっと鬱そうと茂っていたのが懐かしい。もう30年近く前の話になってしまった・・。

この学部に入りたいと思ったのはいつ頃だったろうか・・・。物心ついた頃から植物を育てるのが大好きで、小学生の頃に読んだアメリカの育種家バーバンクの伝記がきっかけの一つになった事は間違いない。テレビや新聞のコラムで活躍していた故・浅山英一先生の影響も多大だ。浮気性なので、医者になりたかったり、画家や書道家になりたかったり、ある時の夢は天文学者やコンピュータエンジニアだったりもしたが、高校に入学した頃には、園芸学部の育種学研究室に入ることに決めてしまった。家から一番近いという理由で入学した高校はお勉強の出来ない学校だったし、予備校にも行かず模試などもカネが勿体ないと一切受けなかったので、心配した先生方は受験レベルを下げろ、入学出来れば何処でも良いじゃないかとアドバイスしてくれたが、本人が園芸学部に入学すると決めてしまった以上入れてもらうしか無かろうと聞く耳を持たなかった。「滑り止め」も受けず、万一入れてくれなかったらサボテン屋に丁稚奉公に行こうと本気で思っていた。そういう道もまた楽しかろうということだ。とにかく決めることが大切で、決めてしまえば何とかその通りになるものだ・・・と信じている。幸か不幸か園芸学部に入学を許されたので、今もってサボテン屋の夢は果たされないままでいる。

就職したばかりの頃、園芸学部が出身だと言うと珍しがって、必ず「盆栽の作り方を勉強して来たのか」等々と、所謂「趣味の園芸」と混同した質問をされるので辟易した。まあ、育種やバイテクの話のきっかけとしては面白いので、素人相手の「枕」としては便利といえば便利なのかも知れない。実際、花作りは好きだし、花の業界で活躍している先輩方も多いのだから。「農学部と同じですよ」と言ってしまうとかえってツマラナイのかも。ただ、自分自身に限って言えば、植物の名前や分類、育て方などの基本的な知識は小中学校までに習得してしまっていたし、そういう学生は少なくない。しかし、大学はやはり学問と研究の場であり、園芸の技能を教育する職業訓練の場では無い(もちろん体験学習程度の実習はあるが)。一般の人が「園芸」という言葉からイメージすることと、園芸学部で行われている教育や研究内容とのギャップは本当に大きい。

C8
園芸学部に隣接する、戸定歴史館では「江戸時代の園芸文化史」という特別展示が開催され、故・岩佐亮二先生のコレクションを中心に見学することが出来る。そういえば、学生の頃、岩佐先生のお宅にお邪魔し、お庭のカンアオイやシライトソウを掘って分けていただいたっけ。

C7
戸定邸では菊花展が開催されていたが、時間も無かったので入り口の鉢植えを観賞。


卒業生の市橋容疑者が最近やっと逮捕された。我が家の近所の行徳署に身柄を送られた時は、深夜まで報道のヘリが飛び回っていて五月蠅かった。何でもメシのタネにする者は行動が下品でいけない。本人はなんでも医者になれなかったとか何とか阿呆な言い訳をしているようだが、なら何を目的に何浪もしてまで園芸学部に入学したのか? 卒業生の起こした、大学とは何ら関係の無い事件にまで学部名を出されるなどは他に例を見ない迷惑な話だが、珍しい学部名が災いしてのことか・・・。印象に残りやすいのもやはり良し悪しだなあ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

久しぶりに原種シクラメンネタを・・・

原種シクラメンと言えば、ガーデンセンターなどの販売店ではコウム(Cyclamen coum)が売られていることが多いようです。今回は関東地方平野部の暑さにも耐えるヘデリフォリウム(C. hederifolium)を紹介します。かつてネアポリタナムと呼ばれていた種類です。

葉の姿形のバリエーションが欲しくてタネを播いてみたものの、メセンの植え替えに忙しくて寄せ植え状態になってしまいました。作業シーズンがかち合うのは拙いですね。

へデリ4

へデリ3
長細い葉が面白いです。

へデリ2
このポットは月並みかな? 左端の丸い葉はコウム

へデリ1
このポットのは模様がくっきりしていて奇麗めかも。

まだ小苗なので本来の姿では無いと思います。大きくなったらどうなるかな??
葉のバリエーションを追求すると底なし沼なのでしょうね。


続きを読む

コノフィツムを挿し木で増やす

コノフィツムは数年放置しておくと、一つ一つの球体が小さくなって弱ってしまいます。
定期的に株分けや挿し木で更新せねばならないのですが、それが結構面倒で・・・。なにしろ数が・・・。今年は意を決して挿し木しまくりました。

挿し木1
何年目かなあ??

挿し木2
ハサミでバラバラに・・

挿し木3
ずらり・・・

これでごく一部だったりします。行けるところまで行きます。

昼咲きコノフィツムもいろいろと・・

夜咲きに続いて、最近咲いている昼咲きコノフィツムを紹介します。

ミヌスクルム
ミヌスクルム
球体の直径の何倍もの大きな花を咲かせます。

黄花オフタ
黄花オフタルモフィルム
黄色といっても極薄い色なんですが・・。

小菊の舞
黄色では唯一の巻き花品種。美しいです。

翠星
翠星
昨年、群生株をばらして挿し木したので、今年はこんな状態です。切り離されてもみんな揃って咲きます。

夜咲きコノフィツムいろいろ

今日は夜咲き種をいくつか紹介します。花は地味ですが、香りがあるものが多いので嗅覚で楽しむことが出来ます。

ヒアンス
ヒアンスの一系統で、Conophytum hians var. parvimarinum 'orbicum'と呼ばれるもののようです。基本種であるC. hiansの花が薄黄色であるのに対して、この系統はオレンジ色です。この個体だけなのかどうか判りませんが、花被片が短く、雄しべや柱頭が著しく露出しています。

マウガニー
頂き物のマウガニー

uvi
C. uviforme(ユビフォルメ)
斑点が大きく目立ちます。香りはC. uviformeの類が一番スッキリしていて、一般的に好まれそうな気がします。

桃花ウルス
桃花ウルスプルンギアナム・・・購入時の名称です。白っぽい肌に濃い色の斑点が目立ちます。

紅翠玉?
名札には"紅翠玉"とありましたが、コノフィツムハンドブックに掲載のものとは違うようなので、名前は不明ということで・・。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ブルゲリ播種後4年

2005年9月に播種したコノフィツム・ブルゲリの2回目の植え替えをしました。

ブルゲリ1
最初の植え替えから2年経って、もうギュウギュウになってしまいました。栽培があまり上手では無いので年数の割には小さいかも知れません。達人なら3年でこの大きさにするのではないかなあ?


ブルゲリ2
掘り上げてみると、ブルゲリの根って細くて頼り無いですね。足袋型種などは茎や根が太くなって、いかにも乾燥に耐える感じになるのですが・・。コノフィツム属の多くは自生地では岩の裂け目で地衣類やコケと一緒に生育しているたり、雨期には水たまりになるような場所、つまり湿気や水分が多い場所に生育しているとされています。ところが、ブルゲリの自生地では日を遮るものが無いとされていて、酷い乾燥地帯を想像するのですが、この根を見ると案外地下水分が多いのか(?)と思ったりします。


ブルゲリ3
2.5号のプラ鉢に1個ずつ植えてみました。
薄皮は剥かない方が良いとされているのですが、一番右の縦列3個は薄皮を剥いてみました。生長や紅葉に差が出るでしょうか??


ブルゲリ4
ピカピカで奇麗です。

2009年のキンモクセイ開花記録

園芸作業が忙しくて、折角写真は撮っておいたのに、記事を書く時間がありませんでした。
9/8の記事で書いた今年は二度咲きが見られるだろうという予想が当たって、ブログサーチで平均値を見てみると1回目が9/24、2回目が10/15のようでした。

スクリーンショット(2009-11-03 21.17.59)

私が住んでいる千葉県市川市では明確な二度咲きは見られず・・

9/14

9/14にほんの少しだけ咲いて

9/20

全国的に開花が始まった9/20になっても蕾は固いまま。

10/9

満開になったのは、10/9になってからでした。ここで全ての蕾が開き、その後の開花は見られませんでした。

一方、同じ県内の佐倉市では、はっきりとした二度咲きが見られました。

9/25佐倉

1回目の開花は9/25日前後。
面白いことに、葉が若干黄色っぽい株や、伸びの悪い枝(節間が狭い)は枝の先端の蕾まで全部開花していました(写真左)。しかし伸びの良い枝では幹に近い方に花が集中していて、先端に近い蕾は固いままでした。さらに良く観察してみると・・

10/2佐倉

2又に分かれた一方の枝が全部開花していて、もう一方の枝は全部蕾というのも見られました。どうも、開花には木のコンディションも影響しているようで、それが二度咲き現象を複雑にしているようです。

単なる想像ですが、キンモクセイは花芽が出来上がってから一定の低温が引き金になって開花するのではないかと考えています。市川市と佐倉市の年間平均気温を比較すると、佐倉市の方が2℃近く低いので、その微妙な差が二度咲きに影響したのでしょう。開花には低温が影響するとなると、当然、環境が温暖化すれば9月下旬の開花は見られなくなるのでしょうが、過去の記事(ここここ)にも書いた通り、京都での記録になりますが、温暖化が話題にもならなかった1955年や1960年は10月に1回しか開花しなかったようです。やはり10月10日前後が開花基本日で、9月の気温の微妙な差によって、二度咲きになったりならなかったりするのでしょう。それにしても基本日がこの50年で変化していないように見えるのが面白いですね。

もし、もっと温暖化が進んだとしたら、キンモクセイの開花は10月下旬になるのか、それとも咲かなくなるのか?。沖縄にはキンモクセイが無いと聞きますが、それは育たないのか、咲かないから植えようとも思わないのか??
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。