スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この5年間のキンモクセイ開花日記録

例によって、Yahooのブログ検索でキンモクセイの開花日を見てみると・・

きんもく開花日

今年の開花ピークは10/5であったことが判ります。もちろん地方によって前後すると思いますが、私の住む千葉県北西部の満開日とブログ検索のピーク日は、毎年ほぼ一致します。グラフは上から順に2006年から2010年までの5年分を並べました。

2006年は典型的な二度咲きが見られた年で、9/21に1回目のピークがあり、過半数の蕾がここで開花したようです。そして2回目の開花ピークは10/10ごろ。2007年、2008年と二度咲きは見られず、昨年2009年は所によって二度咲きが見られ、9/24日に弱いピークがありました。しかし、大半の花は10/15に満開を迎えたようです。

そして記録的な猛暑だった今年はどうだったかというと、満開日は10/5と昨年より10日も早かったことが判ります。温暖化でキンモクセイの開花日が遅くなっているようだという人がいますが、この5年間の開花記録を見る限り、キンモクセイの開花日が遅くなっているとは言えないと思います。また、夏の高温もキンモクセイの開花日には影響を与えないようです。

2005年の開花ピークは今年と同じ10/5で、10/15にも開花があったようです。さらに1960年頃の記録なども併せて考えると、やはりキンモクセイの開花日は上のグラフでピンク色の線で示した10/10前後がメインで、年によっては9月23日頃に1回目のピークが来ることがある・・・と言えそうです。何がキンモクセイの咲く回数を決めているのかは判然としませんが、少なくとも地球温暖化とは全く関係が無いと考えて良さそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

今年のキンモクセイ

今夏の猛暑はキンモクセイの開花日にどのように影響するか??

2006年の記事以来、毎年開花前から同じ木の観察を続けています。
さて、昨日(10月3日)の様子は・・・

キンモクセイ1
強い香りが漂いますが、ほとんど全てが蕾です。

キンモクセイ2
2度咲き、3度咲きの秘密、多段式の蕾。この写真では、1つの節に3対の花芽(蕾の束)が着いています。枝の先端(この写真では下側)に近い束の方が蕾が大きく膨らんでいます。つまり、蕾が何段目かによって生長の度合いが若干違うということです。この違いが大きくなると、2度咲き、3度咲きになる訳です。この蕾の大きさだと、満開になるのは10月7日あたりでしょうか?? 今年は全部の蕾が既に開花に向けて動き始めてしまったので、1回だけしか咲かないでしょう。

猛暑の影響で、開花が少し遅れてしまうかも知れないとも思いましたが、やはり開花のメインは10月10日前後という「約束」(?)は守られたようです。

もう少し観察を続け、満開になったら気温の記録など見ながら考察してみようかと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。