スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原種ヘレボ・ヘルツェゴビナス

ヘルツェゴビナス

Helleborus multifidus subsp. hercegovinus
ヘレボ属の中で最も葉の切れ込み数が多くまた裂片が細い種です。

ヘレボ、特にヒブリダスの葉は堅く粗雑な印象があるため、葉が優美な種を交配する試みがされ、特に誰が見ても面白い親はこのヘルツェゴビナスです。これまでのところ、ヒブリダスとの交配一代目では全ての形質で中間タイプとなってしまい、さらにバッククロスする必要があるとされています。

原種を使った交配では、花色や草姿、それに栽培しやすさ等、検討すべき形質が多くなるため、完成までの道のりがさらに長くなることを覚悟せねばなりません。じっくり完成度の高い個体を得る工夫をしていくのも、この植物の楽しみの一つと言えるでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。