スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリジアン

ラケナリア・ビリディフローラ (Lachenalia viridiflora)
南アフリカ原産のユリ科植物(APG分類ではヒアシンス科)
秋植え球根として取り扱います。開花期は、関東地方の無加温で今頃(1月)。栽培は軒下等、霜が当たらない場所が安全です。日に良く当ててやらないと、花茎が伸びて倒れやすくなるようです。
葉に茶色っぽい斑点模様が入ったものと、入らないものがあります。我が家のは模様なしです。
ラケナリア


翡翠色の花は一目見たら忘れられなくなること間違い無しでしょう。このように陽にかざしてみると、細胞で光が乱反射し、さらに綺麗です。丈夫で毎年咲きますから一鉢栽培しておくと、花の少ないこの時期に大いに楽しむことが出来ます。

学名の「ビリディフローラ」は、「ビリジアン(viridian)の花」の意味で、言うまでも無く花が緑色であることを示しています。そういえば、幼稚園の頃、緑色の絵の具に「ビリジアン」と書いてあって、なにやら不思議な音の響きを感じたのを思い出しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あれ~??

 ラケナリア、綺麗な色ですね。
見せていただき我が家のを忘れていました。
行方不明です。

探さなきゃ~ !!

植え忘れですか~??
私も時々やっちゃいます。実はこのラケナリアも危ないところでした。12月に入ってから植えたんだったと思います。ちゃんと咲いてくれましたが、球根が太ってくれるかなあ・・

ありましたが…

裏から下から見回しました。
そしたら、玄関軒下の棚下でいじけてました。(笑)
よく見ると、芽は出ているのですがまだ3cmくらいです。
昨年、展示会の時にいただきましたので、4月頃の開花じゃないでしょか。
ピンク色と記憶していますが?
とりあえず、ブログへ書き込みます。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。