スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗の購入とウイルス

高価な開花株を購入する財力が無いので、「欲しいものは自分で作る!」を信念に種まきばかりしていますが、ちょっと懐が暖かいと小さな苗を買い求めてしまったりします。
ミヨシパーティードレス1

数年前に葉が2~3枚の苗を購入したミヨシのパーティードレス系品種で、名札には「ピンク」とだけあったように思います。その後「フェアリーローズスポット」と、口に出すのがちょっと恥ずかしいような品種名で販売されるようになったものと同じ個体では無いかと思っています。2千円強と、小さな苗なのに驚く程高価でした。

ミヨシパーティードレス2

こうして光に透かして見るとまた雰囲気が違って見えますね。

ダブルイエロー

こちらは、昨年ガラポンで当たったパーティードレス系の黄色。名札が無かったのですが、たぶんミヨシの品種だろうと勝手に想像しています。

その他、秋田の高杉さんから原種の小苗を買い求めた事もあります。さすがに原種は自分では作れませんからね。

他はほとんど実生由来の株しか無いのですが、苗の購入を避ける理由の1つが、ウイルス性の病気(ブラックデス)を持ち込みたく無いという事です。多数ある苗の手入れをする時、1株毎にハサミを滅菌しなくてはならないとなると、とても手が回らなくなってしまいます。ブラックデスの宿主がヘレボラス以外にもあるのかどうか知りませんが、幸いなことにこれまでブラックデスの症状が現れた株は1つもありません。

ヘレボラスがブームになると同時に、多数の開花株がブラックデスが発生している海外のナーセリーから輸入されたのだと思います。そしてウイルスも一緒に・・。日本でのブーム以前、1993年発行のライス&ストラングマンのヘレボ本には既にブラックデスが新しい病気として紹介されており、ウイルス性らしいという事も記されているのですから、何故国内で被害を拡大させてしまったのか・・・。そう思うと残念でなりません。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ガラポンで、、

ヘレボですか?
こちらの商店街は、なんとも言えない商品ばかりで、こんなところにも田舎を感じます。(笑)

ヘレボの病気、昨年まではウイルス病としか認識していませんでしたが、「ブラックデス」と言われてるのもあるんですね。
まさに、それでしょうか。我が家の一鉢、しおれてきました。
今朝、2本の茎を処理しましたが、株ごと廃棄したほうがいいのかもしれません。
伝染力は強いのでしょうか。

conoconoさんが、実生にこだわる訳が分かりました。

ガラポンとは言っても・・

去年のヘレボ展ででして・・・(笑)

まっちゃんの株は、たぶん立ち枯れ病あたりのカビの仲間による病気だと思います。発芽したての苗床で発生しやすいですからご注意を! しおれていて水をやっても復活せず、地際の茎が腐り、さらに掘り上げてみると根が黒く変色しているのが特徴です。とりあえず、殺菌剤を撒き、土にも注入してみてください。枯れた茎を取り除くのも忘れずに!

ブラックデスは、恐らく汁液で伝染すると言われています。特にハサミが要注意です。あとはアブラムシ。他の植物にも感染するかも知れませんが、宿主の範囲は不明のようです。持ち込んで欲しくなかった病気です。心当たりのある人には猛省していただきたい気持ちです。

実生・・・ばっかりやっている訳では無くって、苗や鉢花も良く買いますが、それでも「他人の作ったものを買って来て並べても楽しく無い」という気持ちが心のどこかにあるのです。上客では無さそうですね(笑)

ありがとうございます

復活してくれることを願って、殺菌剤で処理してみます。

趣味家の方と色々お話していく中で、ハサミの消毒、夏の手入れが違っていたことが分かり、猛反省しています。
ハサミも株ごとに消毒するんですね。
これは、ちょっと軽く考えていましたので気をつけます。

ありがとうございました。

ハサミの消毒は・・

大変ですよ~。
株ごとになんて、私にはとても出来ません。出来ませんから、持込みを避けているのです。それでもブラックデスが発生したら、その時はヘレボを止めるかも知れません。日々の作業が大変になると、趣味じゃなくて修行になってしまうような気がしますので。

ハサミの消毒は・・

江尻流・カセットバーナーご存知でしょ。あれです。
以前、シンビやカトレア育てていた時、(今は少しだけ)その方法でやっていました。
ハサミは焼けて黒くなりますが、それで株を傷めなければいいかな~っと。

今回、園芸の奥深さを勉強できた気がします。

バーナー!

お菓子に焼き目を付けたりする時に使うやつですね。
ランだと第三リン酸ナトリウム溶液を使う場合もありますね。あれなら刃物が傷まないかも。

ランを栽培されていたのならご存知だと思いますが、ウイルス病は嫌ですね~。

江尻先生が講習会で「ハサミの消毒」についてお話されますが、薬品は、ずぼらな性格の私には無理だと悟り(笑)、バーナーにしました。
それに、もう1つ理由がありましたから。
古土の再生です。
植え替えするたび古土が溜まります。
フルイを使っただけでは細根が残りますので、手軽なカセットバーナーを考えました。

利用法が違いますけど、なかなかの優れものです。

ついでに・・

料理やお菓子作りにも活用したりして(笑)
家人に見られるとヤバいかな??
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。