スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花色の早期選抜

メリクローン増殖されている一部の品種以外、販売されるヒブリダスは実生で増やされているのが普通です。ラベルに花の写真が大きくプリントされていますが、写真と同じ花が咲く確率はそれほど高くないのでは?と思っています。このような苗を買った事が無いので、実際のところはどうなんでしょうね?? ヒブリダスには「実生系の園芸品種」は無いという事情を知らない方は、2年くらい栽培した後に期待とは違う花が咲いたらどう思うでしょう。苗の段階である程度の選抜が出来れば、生産者も買う人も期待はずれのリスクを減らすことが出来ますね。より積極的には、小さい苗の中から「お宝」株を見つけ出す可能性が高くなるとも言えます。

小苗の段階で目的の個体を選抜することを「早期選抜」と言って、苗の色形に花の色形が現れる場合に実施可能です。植物の花は葉の変形と考えられますから、葉でも花の形質を決める遺伝子が働いている場合があるわけです。ヘレボラスでは、例えば黒っぽい花の咲く株では、葉も黒っぽい事が多いです。このように、葉と花で同じ遺伝子が働いていると考えられる場合、「遺伝子の多面発現」と呼びます。反対に、我が家のピコティーは葉の色には顕われないので、多面発現するしないは、系統にもよるのだと思います。どちらにしても手持ちの株を良く観察する事が大切でしょうね。ただ、個体毎に芽生えから開花まで観察するには根気が必要で、私もちゃんと調べた事はありませんでした。開花株の葉と花を見比べて、感覚的に「傾向」を感じる程度です。

プリムライエロー実生

昨年播種したアシュウッドのイエロー系が発芽しました。芽生えを見比べてみると、右上の芽生えだけが双葉の色が黄色っぽく、付け根の部分が赤く着色しているのが判ります。この双葉の様子は、今年開花したイエロー/ゴールドネクタリーの葉に良く似ています。

イエローゴールドネクタリー

イエロー/ゴールドネクタリーの開花株です。
ネクタリーの色は、陽光の下で見たとき、より濃い黄色に輝くように思われます。

7本ほど発芽しているので、それぞれに番号をふって、開花まで見守ってみようと考えています。黄色っぽい双葉の株はイエロー/ゴールドネクタリーを咲かせるかどうか楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

花色は?

おはようございます。

今までラベルの花色を見て買っても、100%違っていることが多々ありました。
それを承知で求めてはいたのですが、あまりにも違うとガッカリします。
それで最近は、茎の色も見るようにしています。

大木様が開花株を販売されている意味がよく分かり始めています。

先に交配した種袋が、大きく膨らんできました。
上手く結実してるといいのですが。

ここに来て「ヘレボの奥深さ」を実感できました。

期待はずれ

写真があると、承知はしていてもガッカリしますよね。罪作りなラベルです。特に、初めてチャレンジされる方は騙されたと思うかも知れませんね。困った状況と思います。

今年はあまり交配出来ていません。5つくらいでしょうか。寒いし風は強いし・・・(苦笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。