スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜草展@歴博(その2)

雛壇以外、休憩所や温室内に沢山の鉢植えが展示されていました。全部を紹介するわけにも行かないので、気になった花をいくつか掲載しておきましょう。
桜草展3

桜草展2

桜草展1


かがり弁~深かがり弁の花3品種。花弁の切れ込み方が面白いですね。左下の花は八重咲きです。
桜草展4


現在でも200品種以上が存在すると思われる日本桜草ですが、その原種はどのようなものだったのでしょうか?
我が家で栽培している、恐らく原種そのものと思われる花は下のような極シンプルなものです。
田島赤

自生地でも、花弁の幅や切れ込み具合、花の色など、様々な変異があるようです。先人は、それらを採集したり交配・選抜して、今日見られるような華やかな園芸品種を作出したのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

咲いてます

conoconoさん、こんばんは。
私も日本桜草のコレクションをしています。
現在、開花真っ盛りを迎えているところです。

日本桜草は最近、八重咲きの素晴らしい園芸種が出ているようで、驚いています。

雛壇で鑑賞する日本桜草は4芽1組というルールがあるようですが、丈夫で育てやすいので、私はあまり固く考えずにテラコッタ等で気軽に楽しんでいます。

こちらは、イカリソウが開花を迎え、だんだん山野草花壇が賑やかになってきました。

ムッシュさん、いらっしゃいませ。
私は数品種を細々と維持しています。
八重咲きは今回初めて見ました。同じ株でも一重~八重まで色々出るようで、なかなか面白いものでした。鑑賞法を含めて、新しい楽しみ方が出て来れば良いですね。

山野草花壇、羨ましいです。我が家ではロックガーデンを作って見たいと思うものの、実現の見込みが立ちません。イカリソウ、今、源平咲きの花が咲いています。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。