スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊連草の由来と蚊よけ効果

蚊連草はオランダのファンリーニ氏が作出したという話になっているので、恐らく海外から輸入されたものなのでしょう。それで、開発に関する情報が無いかと海外サイトを検索してみました。結論から言えば、結局のところ広告文くらいの情報しか無く、一次情報にはたどり着けませんでした。ただ、信頼出来るハーブの種苗業者Richtersのサイトに詳しい記述が掲載されていました。
http://www.richters.com/newdisplay.cgi?page=OttoRichter/1993.html

'Citrosa' Geranium (a.k.a. Pelargonium 'Van Leenii')
The ads claim that "Citrosa Mosquito Fighter is the result of a revolutionary new breakthrough from a Dutch horticulturist. It was genetically created by crossing tissue cultures of an African Geranium with the Grass of China in sterile laboratories." "He used a technique called protoplast isolation and fusion whereby through genetic engineering, Mr. Van Leenen took a specific geranium and "married" it to Cymbopogon Nardus creating in effect a new and different utility plant."
あちらの広告では、ファンリーニ(Van Leenen)氏、遺伝学者でなくて園芸家という事になってます。そして、遺伝子工学というのはプロトプラスト融合という事のようです。プロトプラスト融合というのは、酵素処理で細胞壁を取り除いた細胞(プロトプラスト)同士を融合させる技術で、ドイツのマックスプランク研究所のメルヒャーズ博士が1987年に報告した「ポマト」(ジャガイモとトマトの融合植物)が有名です。日本ではキッコーマンが発表した「オレタチ」(オレンジとカラタチ)が最初だったと思います。その他の成功例は数十あるようですが、縁の遠い植物間での融合は極めて困難で、科をまたいでの融合には成功例はありません。もし蚊連草が本当にフウロソウ科とイネ科の融合雑種なら、双子葉植物と単子葉植物の融合に成功した事になり、学術的な快挙として専門雑誌や新聞等でも詳しく報じられるたことでしょう。しかし、文献検索しても何一つ引っかかって来ません。つまり、限りなく作り話であると考えざるを得ません。やはり、交配で作ったものなのでしょう。もちろんイネ科のシトロネラとの交配ではありません。ペラルゴニウム属内の種間雑種、あるいは選抜個体でしょう。

肝心の蚊よけ成分については、
From published reports, the oil of Ceylon citronella grass (Cymbopogon nardus) has an average of 20% genial, 14% citronellal, and 12% citronellol and gernial acetate. The oil of Java citronella grass (C. winterianus) has, on the average, 22% gernial, 22% citronellal, and 16% citronellol and gernial acetate. By gas chromatography.mass spectrometry in our lab, the oil of 'Citrosa' geranium has, on the average, predominantly 39% gernial and 11% citronellol. The citronellal content is only 0.09%! Compare this, if you will, with the common rose geranium (Pelargonium 'Rose'), which as 15% gerniol, 25% citronellol and gernial acetate, 10% cintronellyl formate, and no citronellal. 'Dr. Livingstone,' another rose geranium, does have 9% citronellal, though.
蚊よけ成分とされるシトロネラール(citronellal)含有率は僅か0.09%だそうです。また、ローズゼラニウム類の中でもシトロネラール含有率は大きな品種間差があり、全く無いものから9%程度含むものまであるようです。蚊連草、バイオを持ち出す程の含有率では無い(むしろ低い)のが面白い。

他に気になるサイトがあって、蚊よけ効果についての報告のまとめがあります。
http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=3404823

Document title
Failure of the mosquito plant Pelargonium × Citrosum Van Leenii , to repel adult Aedes albopictus and Culex quinquefasciatus in Florida

Abstract
The efficacy of the «mosquito plant», Pelargonium × citrosum «van Leenii», as an areawide repellent against adult host-seeking Aedes albopictus and Culex quinquefasciatus females was evaluated. No significant differences (P > 0.05) were observed in the number of mosquitoes landing on the forearms of human subjects in locations where plants were present compared with areas without plants. In laboratory cage trials, more Cx. quinquefasciatus adults rested on excised leaves of this cultivar compared side-by-side with similar size and shape white paper leaf models
効果無しと言う事で・・・


*まとめ*
・ 蚊連草は交配で作出されたローズゼラニウム類の1品種と考えるのが妥当
・ 有効成分とされるシトロネラール含有率は低い
・ 蚊よけ効果は有意差無し


カナダのRichtersのカタログには、それでもちゃんと蚊連草(Pelargonium 'Van Leenii')が掲載されています。但し、蚊よけ効果は無いけど、香りが良いのでお薦めだそうです(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

「ポマト」や「オレタチ」が報告された時は評判になったかと思いますが、それに刺激されて、某社の研究所では細胞融合で「しいたけ」様のきのこが作出できないかといろいろ試みられましたがうまくいきませんでした。細胞融合で実際に商品化されたものがあるのでしょうか。博学のconoconoさんよろしく。

細胞融合での商品化

博学ではありませんが、conoconoめが知る限り・・

植物では、細胞融合に成功したものは数十例あります。ただし、商品化に至ったものは一つもありません。異種間の融合は困難な上、たとえ成功したとしても利用価値の高い品種を育成するのは容易では無いという事でしょうね。

きのこ界では、蚊連草と同じように、細胞融合や異種交配でマツタケとシイタケの合いの子を作ったという話題が繰り返し出てきます。マツタケの方は話題性も経済価値も高いので、テレビや新聞でも度々取り上げられるのですが、たちの悪い冗談(詐欺かも)です。蚊よけ草くらいなら他愛の無い話と思われますが、根は同じなのかも知れません。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。