スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミはヘレボラスの蕾も喰う

ネズミとの戦いは相変わらず続いています。

玉型メセンが齧られてしまうので、栽培棚を包むようにネットをかけたら齧られることは無くなりました。その代わり他のものがやられるだろうと予想はしていたのですが、ヘレボラスの蕾が次のターゲットになりました。同時にラケナリアの開花株も掘り返してあり、少し球根が齧られていました。

ネズミの害1

ダブルピンクの蕾が喰われています。
花弁よりも雄しべや雌しべの方が好みらしく、モレーの球根の時のように中身だけが無くなった蕾が散らかっています。

ネズミの害2

楽しみにしていたゴールドネクタリーの購入苗(泣)
折角つぼみが着いていたのになあ・・・

ヘレボラスの根は有毒とされていますが、どうも種子や蕾にはネズミに害になるような成分は含まれていないようです。

こんな事ばかり続くようでは、何のために植物を栽培しているのか分からなくなってしまいますから、手荒な事はしたく無いと思いつつ、仕方無く殺鼠剤を置く事にしました。家人が目撃したネズミの大きさから、喰っているのはやはり警戒心が強いクマネズミらしいので、はたして効果があるかどうか?

明日はメセンの棚と同じネットを使って、ヘレボラスの鉢植えをガードしてやるつもりです。面積が広いし、隙間なく覆うのは難しそう。町中で園芸をやるのは困難な時代になったのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

うわ~~、ショック!

 おはようございます。
久しぶりに徘徊しております。(笑)
ネズミって、こんな悪戯もするのですか?
初めて見ました。
蕾が触って分かるようになるとワクワクですよね。
それが食害にあってるって、私でもすごいショックです。
我が家での被害は野良猫です。
球根植えれば堀起こすし、トイレ代わりにするし、下段のおばちゃんが餌をあげてるようなのです。
子猫を入れると8匹ですよ。
夜は我が家の車庫で寝てるし、寝床があるからいけなのでしょうが。

conoconoさんに愚痴を言って申し訳ないです。(苦笑)

ヘレボラスを喰われたのは初めてですよ~!!ものすごいショック!!また1年後のお楽しみになってしまいました。仕方無いので、愚痴りあいましょう。

我が家の屋上は外階段で上がれるので、猫も入ってきます。ちょっとした柵でも飛び越えてしまうので防ぐのが大変。おまけに出産&子育てしたやつもいました。ネズミはさらに狭いところからも入ってくるし、壁登りや綱渡りも上手らしいので打つ手なしかも(泣)

殺鼠剤・・・連日食べているようです。もしかして効いてない!?ただの餌場になっていたら嫌だなあ。

これは酷ですね

見てビックリです。せっかく蕾までつけたのにガリガリと食べられてはたまりませんね。殺鼠剤でも効かないようでしたら、罠を使ってみましょう?食べているようなのでもう少し待てば結果が出るでしょう。じわじわと効いて来るみたいですから。それでもダメなら猫の手を借りましょう。猫を飼って、少な目の餌を与えたらいいかも(笑)。私の所ではわざわざ鼠を娘が飼っています(ハムスター)。毎晩回転車の音がしてうるさいです。また、バックをケージの横に立てかけて置いたらかじられてしまいました。

数年前から壁の中でもガリガリという音が聞こえるようになってしまい、本当に困っています。とりあえず餌を置いて通り道を確認しているような状態ですが、罠も考えに入れておくことにしましょう。先日ホームセンターで見てきました。

ハムスターは・・・なかなか可愛いやつで、もう随分前の話になりますが、ロボロフスキーというロシア人みたいな名前のハムスターを飼っていました。人にはなつかないみたいですが、これは可愛かった。罠にクマネズミがかかったら飼ってしまいそうでこわいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。