スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57回関東東海花の展覧会

ゲート

2008年2月2日 池袋のサンシャインシティ文化会館で開催された、第57回関東東海花の展覧会を見てきました。生産者が出品した切り花や鉢花の品評会で、今年の当番県は栃木県でした。

主 催:
栃木県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、静岡県、愛知県、茨城県、群馬県、岐阜県、三重県、山梨県、社団法人日本花き生産協会、社団法人日本花き卸売市場協会、社団法人日本生花商協会、社団法人日本生花通信配達協会、社団法人日本種苗協会、社団法人日本フラワーデザイナー協会
後 援:
農林水産省、株式会社サンシャインシティ
開催内容:
(1)品評会 約2,150点
   部 門 カーネーション、きく、ばら、球根切花、
       一般切花、枝物、花壇用苗物、観葉植物、一般鉢物、洋らん
(2)フラワーデザインコンテスト 約180点
   部 門 コサージ、ブーケ、アレンジメント
(3)主催団体による花の装飾展示
(4)栃木県特別展示
(5)フラワーアレンジメント教室
(6)花のプレゼント、販売及び即売会の実施
(7)産地紹介コーナー
詳細はこちらのサイトへ

以下、気になった花を紹介していきます。

関東東海3

花の展示会といえば、やはりお客さんは中高年の女性が主体になりますね。
手前に見えるハボタンは茎が長く伸びた「おどり葉牡丹」というやつで、寄せ植えになっています。一見バラの切り花のようです。

関東東海4

キンギョソウの切り花。長いですね!

関東東海5

ガーベラの切り花。ひまわりのような形の花は大好き!

関東東海9

切りバラ 'グロリアスイルゼ' 緑がかった花弁が清々しい。

関東東海8

切枝部門。そろそろ桃の花の季節ですね。もちろん加温して開花させるのですが。
人の背丈ほどあってビックリです。

関東東海6

プリムラ ポリアンサ(ジュリアンハイブリッド)のポット苗
プリムラは大好き! 白、黄、オレンジ、赤、桃、青、複色・・・全ての色があります。

関東東海7

バナナの仲間(バショウ科)の地湧金蓮の鉢植え!開花しそうな株を鉢植えにするのでしょうか? いずれにしても実物は初めて見ました。灯台みたい。

関東東海10

シネラリアの鉢植え。このブルーは美しい!!!

関東東海1

芳香シクラメン'香りの舞い'
埼玉県育成となっていますので、たぶん園芸試験場の作出品種でしょう。常緑の原種プルプラッセンスと園芸品種(原種パーシカムから改良されています)との種間雑種です。論文にもなっていますから、詳細は以下を参照ください。
Hiroshi Ishizaka and Junjiro Uematsu
Euphytica 82 (1) 31-37 (1995)
Interspecific hybrids of Cyclamen persicum Mill. and C. purpurascens Mill. produced by ovule culture
Summary> Interspecific crosses were made to introduce the scent of flowers of C. purpurascens into C. persicum cultivars and ovule culture was used to rescue the abortive hybrid embryos. Cultivars of C. persicum diploid (CPD, 2n=2×=48) and C. persicum tetraploid (CPT, 2n=4×=96) were the pistillate parents and wild species of C. purpurascens (CP, 2n=34) were staminate parents. After pollination, crossed ovaries were collected periodically and examined using paraffin sections. Histological observations suggested that both hybrid ovules of CPD x CP and CPT x CP should be transferred to culture medium 35 days after pollination. Based up on this observation, crossed ovaries were collected 28 days after pollination and ovules with placenta were transferred to MS (1962) medium containing 3% sucrose. These ovules were cultured in the dark at 25° C. The hybrids (2n=41) derived from CPD x CP had the scent of C. purpurascens, whereas the hybrids (2n=65) derived from CPT x CP had the scent of C. persicum. Although both hybrids had complete genomes from the parents and produced a few viable pollen grains, they failed to yield viable seeds by self- and cross-pollination with fertile pollen grains of C. persicum cultivars.

香気成分分析もされています。
Hiroshi Ishizaka, Hideki Yamada and Keiji Sasaki
Scientia Horticulturae 94(1-2) 125-135 (2002)
Volatile compounds in the flowers of Cyclamen persicum, C. purpurascens and their hybrids
Abstract> Headspace samples collected from entire flowers of Cyclamen persicum, C. purpurascens and their interspecific hybrids were analyzed using gas chromatograph coupled with mass selective detector. The chemical constitution of volatile compounds of C. persicum (2n=2x=48, AA or 4x=96, AAAA) was distinguished by sesquiterpene hydrocarbons, whereas that of volatile compounds of C. purpurascens (2n=2x=34, BB) was distinguished by alcohols, aldehydes and esters of monoterpene or an aromatic class. The chemical constitution of volatile compounds in the hybrid (2n=41, AB) the amphidiploid (2n=82, AABB) and the sesquidiploid (2n=58, ABB) closely resembled that of volatile compounds in C. purpurascens. By contrast, the chemical constitution of volatile compounds in the sesquidiploid (2n=65, AAB) resembled that of volatile compounds in C. persicum. Flowers of diploid or tetraploid C. persicum had a woody or powdery fragrance, whereas those of C. purpurascens had a rose- or hyacinth-like fragrance. Flowers of the hybrid AB, the amphidiploid AABB and the sesquidiploid ABB had a fragrance resembling that of C. purpurascens, whereas those of the sesquidiploid AAB had a fragrance resembling that of C. persicum. Based on the present analyses, the relationship between the expression of volatile compounds and genome constitution is discussed.

関東東海2

おっと、こちらはイオンビーム育種で出来たオステオスペルマム 'ヴィエントフラミンゴ'です!群馬県農業技術センター、日本原子力 研究開発機構、栽培農家の共同研究によって開発されました。元の品種'マザーシンフォニー'は黄色一色なのですが、渋いオレンジ色に変化していますね。元品種の培養葉片に炭素イオンを照射し、突然変異を起こさせた後、不定芽を再分化、3000個体の中から得られた1個体とのこと。花色の変異は全部で30個体得られたようです。イオンビームによる変異はDNAの大きな欠損によるもので、他の変異原処理に比べるとかなり暴力的な処理方法ですね。どのような遺伝子が欠損して花色が変化したのか知りたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。