スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のヘレボラスの開花状況

寒さで動きが止まっていた蕾が、このところの好天で次々に開き始めました。

ここ数年、新しい種子の購入は止めてしまったのと、もともと開花株は滅多に買わないこともあって、新入りがいません。まるで新入社員がいなくて古株ばかりの職場のようです。お気に入りの花が毎年咲いてくれるという、ごく平凡な楽しみもまた良いものでしょう。今咲いているものを気が向くままにご紹介します。

我が家1

デュメトルム・・・確かWMナンバーが付いていたはず。後日確認。
葉の柔らかさが魅力的な原種です。
直径10cmほどの鉢ですが、10輪くらい咲いてくれそう。草丈や花付き、花型に系統差、個体差がありますから、気に入った個体を選抜して、交配親に使っています。ただ、花の緑色を抜くのは難しく、花色の濁りの原因となってしまいそうなので、小型系統の育成には随分時間がかかることになりそうです。既にミディタイプのグリーンピコティは出来ているので、シブリングで小型ホワイトピコの出現を待つことにします。

我が家4

毎回登場する、由来不明の小輪白花(ブロッチ少々)です。直立した長い茎に複数の花を咲かせるので、小輪多花の親になってくれるかなあ??

我が家6

最初に我が家にやってきたオドルス。本当に原種なのかどうかは不明です。
切れ込みなど一切入らない丸弁平咲きで、まるで一重の梅の花のようになります。黄色みが強いようなので、ゴールドネクタリーと交配して、丸いゴールド花を作れるかなあ・・・と期待しています。

我が家2

これはアシュウッドの種子由来。花被片の外側が赤紫、内側が黄色のリバーシブル。これはもう言う事なしの完成品といった風情です。たぶんあちらこちらで見かけるようになっているでしょう。大株に仕立ててやりたいです。

我が家3

よくあるピコティーですが、なかなか花型がよろしい。やや黄色みを帯びるので、ゴールドと交配してみたいところ。ただ、この交配、あちらこちらでやっていそう。

我が家5

番外編で、ベシカリウスの生育状況です。
大きな株では本葉3枚ほど。まだまだ先が長い・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。