スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開花記録3月23日(自宅)

3月23日、我が家で咲いている植物を紹介しましょう。
まずは球根植物から・・

080323チューリップ2

チューリップ。品種名は失念しました。
葉に縞模様があるので、たぶんグレーギー系の品種だと思います。
関東平野ではチューリップを毎年咲かせることが難しいのですが、多くの原種や、園芸品種でもこのグレーギー系のものは毎年咲かせることが出来ます。
夕方、日が陰ると花びらが閉じてしまいます。黄色と赤のストライプは元気が出る配色ですね。

080323チューリップ

朝には目一杯開いています。最初の写真と同じ品種とは思えない変身ぶりです。

080323ガーデンジャイアント

大杯スイセンの1品種 'ガーデンジャイアント' 副花冠(カップ状の部分)の長さが花弁の長さの1/3を越えるものが大杯スイセンと呼ばれ、1/3以下のものは小杯スイセンと呼ばれます。ガーデンジャイアントは微妙な長さです。

小学生の頃、庭に葉ばかりが良く茂って花が咲かないスイセンがありました。子供としては立派なラッパスイセンが咲くのだと思っていたのですが、ある年やっと蕾が着いたので期待していたら、八重の花が開きました。なんだか花びらがゴシャゴシャしていて格好悪い花だなあとガッカリしてしまったのです。それで、ある年、坂田種苗のカタログを見ていて「これだ!」と思って買ったのが、このガーデンジャイアントとマウントフッドという白いラッパスイセンでした。想い出のある品種です。

080323水仙

'パルマレス'
これは数年前に買い求めたバタフライ咲きの品種です。
副花冠が3つに分かれ、さらにフリルが入って不思議な形になります。副花冠の先端はピンクがかります。

080323ヒカンザクラ?

ヒカンザクラ・・・でしょうか?

080323サザンハイブリッド

数年前に買い求めたサザンハイブリッド系のブルーベリー。花が濃いピンク色で綺麗です。

ブルーベリーは中学1年生の頃だったか、坂田種苗の通信販売で、屋久島シャクナゲと一緒に買い求めた思い出があります。ブルーの小さな実を付けるツツジ科の植物ということで、とても奇妙な植物だなあという印象でした。今ではジャムやジュースなどで有名になっていますが、30数年前はそんな程度のさえない植物でした。屋久島シャクナゲは高さ5cmほどの小さな苗でしたが、10年以上かけて大きく育ちました。ある年、父親が丸坊主に剪定してしまい、それきり芽吹かずに枯れてしまったのが残念です。何をしようとしていたのだろうか?

080323セダムヒントニー

セダム ヒントニーの花が咲いていました。

080323乙女咲きヒメリューキンカ

乙女咲きの姫リュウキンカ
大事に鉢植えで栽培していますが・・・

080322ヒメリューキンカ

こちらのヒメリュウキンカはバラの根元で勝手に蔓延っています。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。