スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎~ハウステンボス

9月18日から仕事で長崎行き
ところが、9月11日に石垣空港から帰る私を背後から狙っていた台風13号が、なんとまだ沖縄地方にいるではありませんか。予想コースの北寄りを進むと、長崎空港に到着する頃に、今度は出会い頭になってしまう恐れが出てきました。
台風13

結果から言うと台風は予想より南寄り、本州の南海上を進んだため、何ら影響を受けずに無事長崎入りとなりました。やれやれ。関東地方は肌寒さを感じるくらいだったのに、長崎では連日快晴。最高気温も30℃を超える日もあって、真夏が帰ってきたような気分でした。

ハイビスカス
街中を歩いていると、歩道の植え込みにハイビスカスが地植えになっているのを発見! 長崎は関東よりは暖かいのでしょうが、まさかハイビスカスが地植えで越冬する程とは思いませんでした。

長崎大薬用植物園
長崎大の薬用植物園を見学

グラバー
お馴染みのグラバー園にも立ち寄りました。20数年ぶりの訪問です。もちろん当時でも既に歴史的建造物だった訳ですが、20年経ったくらいでは何も変わっていない様子が良いですね。20数年前に新築した我が家などは、すでに・・・(苦笑)
写真はグラバー邸。サンルームが羨ましい。

話は変わりますが、市内を散策するにあたって、観光案内所で散策マップを手に入れました。ポイントごとに良くまとまっているのですが、それぞれの地図の方角が定まっていなくて、あるものは北が上になっていて、あるものはおおよそ東南東が上になっています。一応北の方角を示す印が入っているのですが、方向音痴の私には頭の中がグチャグチャになるような感覚がありました。

さて話を戻しますが、仕事は土日にかかっていたので、用事が済み次第、一度行ってみたかった佐世保市のハウステンボスを訪れました。こう書くと公私混同していると怒られるかも知れないのですが、見聞を広めるのもまた仕事の内、寝ても覚めてもといったところもあるので、大目に見てもらいましょう。

ハウステンボスは「ボタニカルリゾート」を目指しているということで、園芸趣味家としては必見の場所と言えそうです。特に見たかったのは場内ホテルの中の一つ、フォレストヴィラと、今春オープンしたというポタジェ(potager=家庭菜園)。

ハウステンボス
景観が売り物のテーマパークというだけあって、とても良く出来ています。とても広い面積ですから、手を抜くと忽ち雑草だらけになってしまいます。建物はフォレストヴィラのコテージ。つい1時間程前まで滝のような土砂降りの雨が降っていましたが、急に青空が見え始め、その後はとても蒸し暑くなりました。

フォレストヴィラ道路
コテージの玄関が面した道路。基本的には歩道で、宿泊客の送迎車やメンテナンススタッフの車が時折通ります。

フォレスト玄関前ガーデン
コテージ前のポタジェ。草花やハーブ、野菜や果樹(ブドウ)が混植された、典型的なスタイルでしょうか。キッチンガーデンに比べてより観賞性が高くなっています。収穫するとその部分が無くなってしまいますから、色々な植物を混ぜこぜに植えるのが良いようです。

こんな町並みが普通にあったら住み心地が良さそうだなあとと思いながら、実際には敷地の境界に塀をめぐらせて・・・というのが我が国の標準スタイルですね。都会では難しいでしょうが、ちょっと郊外になれば、実行可能かも知れませんね。もちろん、オランダやフランス風の箱庭はハウステンボスだけにして、実際には日本風の町並みとし、50年も作り込めば案外海外からのお客さんが沢山来たりして(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。