スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金も有効期限付きにしてはどうか

経済学のことは全く知らないが、お金は人体における血液のようなものだと思っている。

血液が滞りなく体中を巡ることで、はじめてその機能を果たすことが出来る。例え話はかえって理解を妨げることにもなるが、イメージ的には、人々の作り出すあらゆる価値(商品だったり、サービスだったり・・)が、お金に乗って社会を巡っている・・・ということになろう。ここで大事なのは、お金そのものは何もしないということだが、不思議なことに世の中ではお金を置いておいただけでも増えることがある。人々が作り出すあらゆるものが、時の経過と共に劣化して行くことを考えると、お金だけが例外的なのが不思議でならない。そんなことをするから、お金の流れが滞って鬱血状態になってしまう。お金の使い方を知らない者の手に渡ったら最後、二度と市中に出回らないことになろう。不況だと言うのに、金余り、つまり投資先が無いのだという話も聞く。投資先が無いなどとは無能の言い訳であって、そもそもお金の使い方が分からない者がお金を手にしてしまっただけに過ぎないだろう。お金でも知識でも、それらを持つ者は上手く使う義務を持っていると思う。

そこでだ、食品類などと同様に、お金にも消費期限を付けてみたらどうだろう。皆、必死になって使い道を考えるようになるのでは無いだろうか?

消費期限改竄とか出てきたりして(笑)



・・・子供の冗談なので、そんなことしたら云々等の突っ込みは無しね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。