スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府立植物園

6月上旬、京都府立植物園を訪れました。
そこで出会った花達、印象に残った花達を書きとめておきましょう。

エキウム
エキウム・ウィルドプレッティー
残念ながら花は咲き終わっていましたが、迫力のある姿です。
植物園のサイトによると、開花期は5月下旬までのようです。
カナリア諸島産ムラサキ科植物で、種まきから開花まで3年程かかるとか・・。大きさといい、育てる技術といい、植物園ならではの植物と思います。

アリウム
巨大ねぎ坊主、アリウム・ギガンチュームが沢山植えられていました。

カジノキ
カジノキ
丁度開花していました。雌雄別株で、この木は雌木だそうです。

京都アジサイ
ガクアジサイ

キルタンサス
キルタンサス・オブリクウス
クンシランの一種のようにも見える美しい草姿だと思います。

時計草
トケイソウの一種

インパチェンス
インパチェンスの一種

奇想天外
奇想天外も雌雄別株で、この株は雄株です。
その姿からは想像出来ませんがマツやスギなどと同じ裸子植物で、小さな松ぼっくりのような花を見ると納得します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。