スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルゲリ播種後4年

2005年9月に播種したコノフィツム・ブルゲリの2回目の植え替えをしました。

ブルゲリ1
最初の植え替えから2年経って、もうギュウギュウになってしまいました。栽培があまり上手では無いので年数の割には小さいかも知れません。達人なら3年でこの大きさにするのではないかなあ?


ブルゲリ2
掘り上げてみると、ブルゲリの根って細くて頼り無いですね。足袋型種などは茎や根が太くなって、いかにも乾燥に耐える感じになるのですが・・。コノフィツム属の多くは自生地では岩の裂け目で地衣類やコケと一緒に生育しているたり、雨期には水たまりになるような場所、つまり湿気や水分が多い場所に生育しているとされています。ところが、ブルゲリの自生地では日を遮るものが無いとされていて、酷い乾燥地帯を想像するのですが、この根を見ると案外地下水分が多いのか(?)と思ったりします。


ブルゲリ3
2.5号のプラ鉢に1個ずつ植えてみました。
薄皮は剥かない方が良いとされているのですが、一番右の縦列3個は薄皮を剥いてみました。生長や紅葉に差が出るでしょうか??


ブルゲリ4
ピカピカで奇麗です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。