スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原種シクラメン・ヘデリフォリウム

久しぶりに原種シクラメンネタを・・・

原種シクラメンと言えば、ガーデンセンターなどの販売店ではコウム(Cyclamen coum)が売られていることが多いようです。今回は関東地方平野部の暑さにも耐えるヘデリフォリウム(C. hederifolium)を紹介します。かつてネアポリタナムと呼ばれていた種類です。

葉の姿形のバリエーションが欲しくてタネを播いてみたものの、メセンの植え替えに忙しくて寄せ植え状態になってしまいました。作業シーズンがかち合うのは拙いですね。

へデリ4

へデリ3
長細い葉が面白いです。

へデリ2
このポットは月並みかな? 左端の丸い葉はコウム

へデリ1
このポットのは模様がくっきりしていて奇麗めかも。

まだ小苗なので本来の姿では無いと思います。大きくなったらどうなるかな??
葉のバリエーションを追求すると底なし沼なのでしょうね。


植え替える時間が無いとか何とか言いながら、また新しいタネを播いてしまった。今年は・・

C. colchicum
C. coum f. albissimum
C. coum ssp. caucasicum
C. creticum
C. purpurascens

と言ったあたりの、選抜系統やら何やらで20種類。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。