スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コノフィツム・ペルシダム var. ネオハリー

ペル/メスクリップ

コノフィツムは、休眠を前にして赤くなっているものがあります。
写真はConophytum pellucidum var. neohallii
Mesklip産のネオハリーは赤くなる個体があります。赤いコノは一般的に弱いものが多いのですが、これは比較的丈夫でビーツのように真っ赤になるのが魅力です。
スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ギョッ、赤い !!

 kazさんも紫色をお持ちですが、これまた赤いですね。
我が家にこんな子いませんですよ。
光玉、少し色が付いていますが艶がありません。
島田先生のリストを研究中(?)。
時期的に悪いのかもですね。
しかし、お行儀よくお並びで...

訂正

↑のURL、脱字がありました。

すんませ~ん。

まっちゃん、いらっしゃいませ~。
ブログ、リンクしておきましたです。

光玉、私は相性が悪いみたいですから、これまたkazさん頼みです。ほんとコノ馬鹿です。
行儀よく並んでいるのはですね、昨年秋に群生をバラしたからなんです。とりあえず挿し木しておいて、今秋または来秋に植え直しです。それまでの仮住まい。

リンク

 こんばんは。

わたしの方も、恥ずかしながらリンクさせていtだきました。
ありがとうございます。

わっ!こんな場所があったのですね。

ははは・・

kazさん。いらっしゃいませ。
ブツブツ独り言を書いています。

どうしましょう。

うちの地植えのコノさんですが・・・。
先日、棚を設置するために邪魔になり、
急遽鉢あげしたのですが・・。
そのまま放置が間違って水思いっきりやっちゃって、
しかも昨日の風雨で雨をたっぷり吸っちゃって・・・。
身割れがたくさん出来てしまいました。
可哀想・・・(つД`) 
これはこのまま放置するしかないのですよね?
ヘルプです・・・。

コノフィツムの挿し木について

初めまして小森といいます。コノの栽培は始めてです。挿し木の仕方について聞きたいです。挿し木は茎の生きたとこまで切り戻し乾いた土に挿せばいいのでしょうか。それともぬれた土がいいでしょうか。挿し木して発根したのを確認したら土から出して培養土に植えなおせばいいのでしょうか。
いくつか茎が完全に枯れて玉(葉?)だけになっていたものがあったのですが、それらは乾いたもしくはぬれた土に3分の1ほど埋めれば発根するでしょうか。
質問させて頂きありがとうございました。

挿し木について

小森さま、はじめまして。

まず、茎の切り戻しですが、0~5mm残しておけばOKです。これくらい短かければ、茎の枯れこみは気にしなくても大丈夫です。

次に培養土ですが、適度に湿っていないと発根しませんので、切り口を乾かしてから、湿った土に挿すのが良いでしょう。切ってすぐに乾いた土に挿して、数日後に潅水でも良いかも知れません。切ってすぐに湿った土に挿すと、切り口から腐り込む場合がありますが、全くダメというわけではありません。いずれにしても、茎が短い場合は、培養土に球体の下1/3~1/4を埋める感じになります。一般的に言われているやり方(浅く挿して子砂利で支える)に比べると乱暴な感じもしますが、変に浅植えすると乾きやすかったり風で倒れたりして、かえって発根しにくくなります。

発根後の移植ですが、植物一般では、清潔な(つまり腐食分の無い)土に挿し木して、発根してから定植するのがお作法です。コノフィツムの場合も、慎重派の方は挿し木には腐葉土等を含まない土を使い、発根後に通常の培養土に移植するようです。私は手間をかける時間が無いので、腐食分を含んだ栽培用培養土に直接挿し木していますが、特に問題が発生したことはありません。もちろん種類や品種、また培養土の配合や環境、経験にもよるとは思います。

その他ご質問などは画像掲示板
http://imbbs2.net4u.org/2/sr3_bbss.cgi?cat=1000conocono
もお使いくださいませ。

挿し木が成功しますように!
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。