スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレボは二倍体?それとも四倍体?(その2)

私はとってもしつこいので、現時点で判るところまでは調べます(笑)

まずは、2倍体と4倍体の見方ですが・・・これが先の論文に出ていたチベタヌスの染色体です。顕微鏡で撮影した写真を切り取って2本の相同染色体(X字型に見えるのを1本と数える)を大きさ順に並べています。

チベタヌスの染色体


もし、チベタヌスが4倍体なら、同じ形をした染色体が4本あるはずです。ところが、例えば一番左上のセットや一番右下のセットと同じ形の染色体セットは他にはありませんね(形というのは、長さやくびれの位置を言います)。従ってチベタヌスは2倍体と考えられます。他のヘレボも同様です。

もう一つの疑問、つまり、キンポウゲ科植物の基本染色体数が8なのに、何故ヘレボは倍の16になっているのか・・です。進化の途中で染色体が倍化し、さらに染色体の形状も変わってしまったのでは無いか??、当然、遺伝子も倍化しているのですから、染色体の形は若干違うものの実際上4倍体としての性質を持っているのではないか??という疑いです。

これは植物育種学の先生に聞いてみました。すると、やはり進化の途中で染色体が倍化することはあるものの、そのように倍化によって重複した遺伝子はどちらかが機能を失っている事がほとんどとの事でした。あるいは新しい機能を持ったものに変化している事もあるでしょう。いずれにしても遺伝子座が4個になっている確率は低いようです。

新刊のたった一行の文章で、随分と悩まされてしまいました。 そう言う人間なんです。私は。(笑) おかげで、分離の法則の続きが、下書きのまま眠ってしまっています。ま、いっか。
スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。