スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trillium交配種 (T. flexipes x T. erectum)

Trillium flexipes x erectum

Trillium flexipes x T. erectum

日本で、特に園芸的には、エンレイソウ属はマイナーなマイナーな存在で、たまに園芸店に地堀苗(山取り品??)と思われるオオバナエンレイソウが数鉢並ぶ程度です。この種類は暑さに弱いようで、関東で長持ちさせるのは難しいようです。エンレイソウの仲間のほとんどは北アメリカ大陸に自生しており、多様な原種が存在するためか日本よりはファンが多いようです。交配から開花まで何年もかかりますが、系統選抜や交配が徐々に進んでいるようです。

T. flexipesは白花が主体で、赤花もたまにあるようです。
T. erectumは赤花が主体のようです。どちらも北米大陸東側の自生種で、うつむき加減の花を着けます。この写真の個体は交配種との事でしたが、ほとんどT. flexipesのように見えます。子房が赤っぽいのはT. erectumからの形質だろうか?
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。