スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレプトカーパス

カーパス・クリスタルアイス

ストレプトカーパス‘クリスタルアイス’(Crystal Ice)

カーパス・クリスタルドーン

ストレプトカーパス‘クリスタルドーン’(Crystal Dawn)

どちらもイギリスのDibleys Nurseriesの作出したクリスタルシリーズの2品種です。
南アフリカの高地に自生しているストレプトカーパスは蒸し暑さに弱いものが多く、品種改良の歴史は古いものの日本ではほとんど普及していません。
このクリスタルシリーズは、これまでの品種とは少々違って、原種のケンタニエンシスを片親に取り入れたもので、葉の細さが特徴になっています。また、これまでの品種が冬の間は開花しない事が多いのに対して、クリスタルシリーズは年末から初春も咲き続けます。ケンタニエンシスそのものは暑さに弱いのですが、雑種になる事で丈夫になったのでしょうか、カーパスの改良の上では重要なトピックスになる品種です。

今日は、これらの苗を植え替えました。
培養土はピートモス:パーライト:バーミキュライト:日向土(小)=4:2:1:1
ピートモスはブルーベリー用にと買った北海道産土壌改良用のもので、pHを試験紙で測定したら4.2以下のようでした。消石灰でpH5.8程度に矯正してから使用しました。根ぐされ防止にミリオン少々。肥料は緩効性のもの(グリーンマップII)を少々。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。