スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパニュラ ‘サラストロ’

花壇で咲いた花も、連日の雨に打たれてすぐに傷んでしまいます。
写真も撮影しにくい。

サラストロ

とても狭い花壇ですが、地植えしたカンパニュラ ‘サラストロ’ と斑入りカラミンサが咲いています。‘サラストロ’はギョッとするくらいの濃い紫色で人目を惹きます。ほとんどの種苗業者のカタログには、学名Campanula samarkandensis 'Sarastro'となっていますが、どう見ても原種では無さそうなので気になっていました。

ざっと調べたところ、Campanula punctata x trachelium 'Sarastro' が正解のようで、オーストリアのSarastro Nurseryで作出された種間交雑品種だとのことです。C. punctataは日本にも自生しているホタルブクロです。普通は白~淡いピンクのホタルブクロの花にC. tracheliumの紫色を導入することを狙って交配したのでしょう。Campanulaは大好きな植物の一つですが、残念ながら長く居着いてくれません。ところが、この‘サラストロ’は放任状態でも良く増え咲いてくれます。

さて、Campanula samarkandensisという学名は何でしょうか??? 人工雑種に新しい学名が与えられる事はありませんし、そう呼んでいるのは日本だけのようでした。だれがこの学名もどきを付けたのかなあ?? それとも、この学名で呼ばれる似た原種が他にある?? ここ数年、苗もののラベルにも学名が記載されているものが増え、洋書やインターネットで調べるのに便利になりました。その反面、間違った学名が書かれていることもあって、新たな混乱の元になっているのではないかと気がかりです。サフィニアのような、植物名を伏せて商品名だけで流通しているものが増えたのも大いに困ったものと思いますし、園芸植物の名前の取り扱いは難しい問題です。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

種類はいかほど?

 おはようございます。
カンパの種類って、小さい花からでかいものまで、どのくらあるもんでしょうか。

先日の「3婆・園芸店訪問」で持ち帰ったものに、「カンパニュラ・鈴姫」があります。
画像が貼れないのでお見せできませんが、サラストロを細くした感じで色も水色、葉も細いです。
さて、これが来年咲くのかどうか怪しいものですが、3ポットありますので、置き場所を変えてみます。
期待してくださいね。

300種

http://en.wikipedia.org/wiki/Campanula
によると約300種だそうです。それに変種や園芸品種を加えると膨大な数になりそうですね。全部を見る事も育てる事も出来ないのがちょっと残念です。

「カンパニュラ・鈴姫」は私も見た事がありません。夏、暑がる種類もありますから、なるべく涼しく過ごさせてあげては如何でしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。