スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズの世界展2006

060225helleboten.jpg


池袋のサンシャインで開催された「クリスマスローズの世界展」に行ってきました。今年で4回目となります。前々回に行った時は、展示品のショボさに「こりゃ無料でも良いなあ」という気分だったので昨年はパス。今年は招待券が手に入ったので、「折角だからのぞいてみるか・・・」と行ってきました。

展示は2年前に比べると鉢数も増えて格段に良くなっていたと思います。お客さんは中年以上の女性が大半で、落ち着いた花のイメージにふさわしいファン層ですね。展示は原種コーナー、交配種コーナー(タイプ別)、最新花コーナーに分けてありました。原種の同定はちょっと??もあり、後で確認してみよ~っと。交配種コーナーで一番鉢数が多いように感じたのはやはりダブル。最近のブームはダブルホワイトから始まったためか、全体的に白っぽい個体が多いように感じました。シングルは色数が足りないようで、特に奇麗なピンクを見かけなかったように思いました。シングルは流行じゃないからかな? 最新花コーナーで目を引いたのはヒブリダスのゴールドネクタリー。実物は初めて見ました。株がちょっと頼りなく見えたので花郷園の野口さんに伺ったところ、やはりちょっと弱いそうです。それにしてもアシュウッドのはもっと黄色いというのですから驚きでした。あと、ニゲルとベシカリウスの種間交配種が花を着けていました。個体差があるのか、雑誌などで見るものとは大違いでぱっとしない印象を受けました。交配親に使えるなら今後に期待です。

クラフトのコーナーをちょっとのぞいて、販売コーナーへ。ここはお客さんで押すな押すなの大盛況。シングルの開花株は2000円前後、ダブルは8000円~10000円くらい。何鉢もカゴに入れてキープしているお客さんが多数。ピコティーの人気が高いよう。ミヨシのメリクロン苗も健闘している様子。価格が手頃で確実にラベル写真の花が咲くのが良いですね。バラやランのように「銘品」があると情報交換などに便利なのですが、メリクロンが誰でも出来る技術では無いので仕方ありますまい。種子系の固定品種を作るにはセルフを繰り返しても5世代以上20年はかかるから、ずっとこんな状態が続くのでしょう。うろうろしているとゴールドネクタリーの苗を発見、高かったけど1鉢購入。実生だからゴールドが出るかどうか??。他は特に目を惹くものもなかったのでレジへ。ガラポンをやっていて、期待もせずに1回転。なんと当たりが出た!! ダブルレッドかダブルイエロー(ブロッチ)の開花株のどちらかをプレゼントだそうなので、イエローを有り難く戴いて来ました。ダブルホワイトに交配してみることにしよう。

たいして期待していなかった展示会ですが、この2年で随分と充実していて結果的には大いに満足しました。

060225helleb.jpg

これが頂き物のヘレボ。

スポンサーサイト

テーマ : ☆クリスマスローズ☆
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おひょ~@@
才×〒"├¬♪ (。・_・)ノ☆・°:*:°
プレゼントでもらったという、ダブルイエローブロッチ素敵です。
我が家にイエローブロッチの苗があるんだけど、咲くのは来年か再来年・・・気の長い話です^^;

一緒に行った友人も並んで当たり~
何か良い事あるかも・・・って、気分が良くなりました。
ヘレボは何事もスローペースなので、こちらも息切れしないようにのんびり構えてましょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。