スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉の運命は・・

毎年毎年、必ず何かの種を播き続けてはや三十数年・・・。いい加減飽きても良さそうなのに、種まきした後、発芽するまではワクワクドキドキです。種苗屋さんから買った種子が発芽しない事は滅多にありませんが、趣味団体から入手したものや、自家採種したものは発芽しないこともしばしばです。苗床で発芽した芽生えを見つけると、ホッと一息。育ち具合に一喜一憂しながら開花までの付き合いが始まります。その途中で毎年色々な発見があります。

さて、5月11のブログに書いたストレプトカーパスの種まき、その後です。
室内のワーディアンケースに置いて2週間程で、小さな小さな芽生えが見え始めます。針の先くらいの緑色が見えたら、それが双葉です。3週間以上かかって発芽するものもあります。

カーパス芽生え1

ストレプトカーパスは面白い性質があって、芽生えた双葉の片方だけが大きく育って、もう一方は全く生長しなくなる事です。最初は同じ大きさなのに何故なんでしょうね。どこで大きくなるならないの運命が決まるのでしょうか? 写真の芽生えでは、右側の1枚が大きくなりつつある事が判りますね。

この苗床を置いたのが窓辺の直射日光が当たらないワーディアンケースの中でした。ですから光は→の方向、つまり横方向からの間接光だけになります。すると芽生えは光を求めて斜めに育って行きます。この芽生えでは、傾いた芽生えの上側になった1枚が大きく育っています。なら、他の芽生えはどうでしょう?

カーパス芽生え2

この写真は、窓側から撮ったものです。芽生えが斜めになっているため、葉の表面がこちら側に(光が来る方向)向いているのが判りますね。・・・で、どうでしょう? 大きくなった葉はほとんど上側になった方ではありませんか!

芽生えが傾いた事による重力のちょっとした違いが、葉の生長に関わる植物ホルモンの効き方(?)に影響を及ぼしているのでしょうか?? それとも光の入射角度による影響?? 自生地(崖に生えるらしい)ではどうなっているのか?? 

ちょっと面白い発見をして嬉しい気分でいます。学術的には何か説明されているのかなあ? 今度調べてみよう。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

実生のその後はどうなりましたか

ここでは初めての投稿になります。
その後、実生が大きくなったか見てみたいので良かったら画像などよろしくお願いします。

chanaさま、いらっしゃいませ。
播き時期が悪かったためダメになってしまった株も多かったのですが、数株残っています。今度写真をご紹介しますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。