スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花菖蒲@大船フラワーセンター

6月17日、神奈川県鎌倉市にある県立フラワーセンター大船植物園で花菖蒲展が開催中というので早速見に行きました。今回の目的は、水元公園にはあまり植えられていなかった「伊勢系」と「肥後系」を見る事と、屋内展示の様子を見る事です。首都高速湾岸線から横浜新道を通って片道1時間少々のドライブは、渋滞もあまり無くて快適でした。

060617門

このゲートをくぐるのはもう何度目だろうか・・。でも、何故か花菖蒲の頃には来た事が無かったんです。千葉県は国内有数の農業県で植物にはお世話になっているんだから、最低でもこれくらいの植物園を作ってくれないかなあ。


060617菖蒲田

菖蒲園は水路状に作られています。この写真の場所には主に「江戸系」と、大船植物園で独自に改良された「大船系」が植えられています。庭園用だけあってか、花着きが良いですね。

060617菖蒲田2

こちらは「伊勢系」
一見して判るのは草丈が低い事です。花数も少ないような・・・。栽培管理状態や開花時期の問題がありますから、これらをもって「伊勢系」の性質と判断するのは間違いかも知れません。ただ、全体のバランスを考えると草丈が低めの方が「ハナの下が長くなくて」良さそうに思われます。

060617花菖蒲展示2

屋内展示の様子です。日本花菖蒲協会の方々の出展とのことでした。
古典園芸植物の観賞方法には種々の決まり事(作法)があります。詳しくは、同協会のサイト↓にありますので読んでみてください(Q&Aのコーナー)。
http://www.kamoltd.co.jp/kyokai/
このような「作法」は、自由気ままに楽しむ事に慣れている我々現代人には理解し難い面もありますが、その花の美を際立たせる先人の知恵も含まれているのでしょう。また、当時の文化的背景、それに基づく審美眼(美のコンセプト)を知るのも楽しいものです。

060617花菖蒲展示1

水の流れを再現した展示でしょうか? とても優美な印象を受けました。

060617花菖蒲展示3

ノハナショウブ(桃色花変異体?)の盆養作り。
これは背丈の低い品種という事ではなく、丈を低く作る技があるのだそうです。もちろん品種の持つ素質もあるでしょう。機会があったらチャレンジしてみたい作り方と思います。

あまり時間が無かったので、協会の方もいらっしゃったのですが、どの展示品種が伊勢系あるいは肥後系なのか、肝心な事を伺うのを忘れてしまいました。いかんいかん。会報誌を1冊買い求めましたので、次の機会までにもう少し勉強しておく事にしましょう。お勧め品種の苗を3本購入して帰路につきました。
スポンサーサイト

テーマ : ■お花が好き♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

花の観賞にも作法があるのですね。
花菖蒲は日本の伝統的な花だからでしょうか。
生け花や盆栽との関わりがあるのかもしれませんね。芸術性も問われるのでしょうか。

県立フラワーセンター大船植物園は大きくて立派のようですね。
花菖蒲展だけでこれだけ大きな規模で催せるのですから・・・
機会があれば一度尋ねたいと思っています。

作法を理解する事で、先人がどのような事を「美」として来たのか、そしてそれをどのように追求してきたのかを知る事が出来ますね。そんな事を知ってから観賞すると、また味わいが深くなります。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。