スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉自然公園

泉自然公園

6月24日、千葉県千葉市にある「泉自然公園」に遊びに行って来ました。自転車で周囲をサイクリング&園内は徒歩で散策です。

花菖蒲池

鬱蒼と茂る木々に囲まれて広い菖蒲池がありました。先に遊びに行った水元公園や大船植物園とは違って品種名の札などは無く、また違った趣ですね。休日なのに花見客もチラホラとしかいなくて、ちょっと勿体ないような・・・。人の姿が見えない所で花が咲き乱れている光景って、凄みがあるというか、ちょっと不気味な感じがします。

ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギ(オトギリソウ科)
数あるヒペリカム属の中で最も美しいと思います。長い雄しべが魅力的。

アジサイ

アジサイの花の色は、土壌に含まれるアルミニウムの影響を受けて、同じ品種でもピンク~ブルーに変化します。子供の頃ピンク色のアジサイを買って庭に植えたところ、翌年咲いた花は濃いブルーで、とても不思議に思ったものです。本で調べてみると土の酸性度が高いとブルーになってしまうとあって、消石灰を与えればピンクになるとありました。なら、ピンクの花は皆、石灰を与えているのかと思っていたら、同じ場所でブルーの株とピンクの株があったので、品種によっては酸性土壌でもピンクが咲くのだという事が判りました。この写真のように同じ花房の中にピンクとブルーが混ざっている株もあるので、ほんの微妙な違いが花の色を決めているのでしょう。青いバラを作る試みがなかなか達成されない理由もこんな所にあるのかも知れませんね。

ホタルブクロ

公園の周囲にはサイクリングコースがあります。その所々にホタルブクロが咲いていました。この花に蛍を入れて遊んだという、ちょっとロマンチックな話もあるようです。

落花生

公園の隣には千葉県名産の落花生畑が・・。
黒いビニールでマルチングしてありますが、落花生はちゃんと土中に潜る事が出来るのだろうか??

竹天狗巣

田んぼの周りは竹林が多いです。その竹の枝に奇妙なくす玉が沢山着いているのが気になります。アップしてみると・・小枝が沢山密生しています。

天狗巣2

竹のテングス病(天狗巣病)です。感染した病原菌の影響で、枝がこんなふうに変形してしまったのです。管理の行き届かない竹林に多数発生し、時には枯らしてしまう程ひどくなるとか。手入れの悪さの指標にもなるようです。昔なら罹病株を切り取って焼却していたのでしょうが、今ではそんな手入れをする人も居なくなったのでしょうね。何も知らない人が見れば緑豊かな自然の風景も、良く見れば病んでいる・・・里山は手入れが有ってはじめて維持されているのだと言う事が解ります。そう言えば、ソメイヨシノのテングス病も全国的に蔓延傾向にあるとか。花見の時だけ場所取りに励み、宴に浮かれている人々には全く気づかれないまま、肝心の桜の木の病状はどんどん深刻になって行きます。花や緑を愛でる、自然を守るという事はどういう事なのか、今一度良く考えたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

どちらかと言えば…

私はこちらの方が好みです。
人知れずひっそりと咲く、、いや~わたしには似合わん言葉でしたッ。
オレンジチャリンコ2台でお出かけでしたか。
自然公園というからには、自然がたくさんあるのでしょうね。
こちらは、経費節減とやらで、人手はなし、手入れはなしでぼうぼうになりそうです。
他に、もっと節約しなければならぬところがあるでしょうがねー。
納税者として、声を大にして言いたいです。
ちくってやろ~??

落花生、誤解しとりました。
先日のガッテンで、自分で潜ることが初めてわかりました。
根に着くものとばかり…

いつも色々教えて頂きありがとうございます。
今回はアジサイの色の変化が興味深かったです。アルミニュムによって変わるのですね。他の金属は影響しないのですか。ほんのチョットした土壌環境の変化でも色が変わるのですね。青いバラ目指すには、ただ発色遺伝子だけを追跡していたのではダメなのですね。自然の奥義を究める道のり遠いですね。サントリーは青いバラにどれだけ投資しのでしょう。並みの企業ではとてももたないと思いますが・・・

落花生は・・

自分で潜るのですよ、まっちゃん。
むか~し、庭で育ててみたら、咲いた花が次々に萎んで枯れてしまうので、砂地で無いと落花生は出来ないものだと思いましたら、花の落ち痕あたりから太い根のようなものがグングン伸びて来て地中に潜って行きました。根だろうと思っていたのですが、ある日試しに掘ってみると先端に小さな莢が出来ていて大いに驚きました。夏休みの観察日記にでもすれば良かったのですが、そこまで真面目な人間では無かったのです。

自然公園・・・という言葉は難しいですね。放置した方が自然に還って行くような気がしますし、荒れ放題と言われればその通りだし。人の手が加わった状態を自然と呼ぶのかどうか。「自然」てなんでしょうね?

自転車は実は3台あって、オレンジ色は私のです。安物の折りたたみ式で、車に積んで遊びに行きました。

花の色

高柳さん、こんにちは。
メモ代わりに書いているので半可通なところはお許しください。時間があれば詳しく調べて纏めるつもりなのですが、土いじりしている方が楽しかったりするので捗りません。

花の色の多くはアントシアニン類によるものですが、これに金属イオンが結合すると、同じ種類のアントシアニンでも発色が変わってしまいます。発色を変える原因としては、他に液胞のpHなどが良く知られています。これら全ての因子が解明されて、人為的にコントロールすることが可能となれば、青いバラも可能になるでしょう。青いバラはまだまだ出来ないとは思いますが、その研究過程で、今までに知られていない花色のメカニズムが解明されることもあるでしょうから楽しみです。青いバラが美しいかどうかはまた別の問題にはなりますが・・。

別の問題、、

「青いバラ」、夢を壊すようですが、あれは「青」と言えるかどうか??
昨年、福岡で開催された「花どんたく」で展示されました。
多い日は「?時間待ち」の人気でした。

やはり、無理はいけません。
ないものねだりもしないほうがいいのです。
夢は夢のままが・・・。

夢は永遠の彼方に・・

サントリーの青バラ、実物をご覧になったんですね。
私は写真だけ~。先に販売されているカーネーションも藤色ですね。

品種改良の歴史って、無い物を実現して来た歴史でもあるんです。大きなジャガイモ、甘いイチゴ、寒さに強い稲・・・。どれも、神様は与えてはくれなかったし、人々の夢だったと思います。スーパーの売り場なんか、無理の展示即売会みたいなもんかなあ。

香り高く、長持ちする青いバラ・・・作るのは簡単だと思いませんか? そんなものは、造花で良いんですよ。それが、何故生き物である必要があるのか?? 花って何なの?という事を改めて考えさせられます。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。