スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の薬用植物

7月下旬、医薬基盤研究所の薬用植物資源センター北海道研究部(名寄市)を訪問しました。
旭川市からさらに北方80kmほどに位置し、冬はマイナス20℃以下になる寒冷地です。ここで、カンゾウ、ゲンチアナ、ダイオウ、ケシ、シャクヤクなどの薬用植物に関する研究をしています。丁度開花していたものを中心に、普通の植物園では見かけない薬用植物を紹介して行きましょう。

ダイオウ060725

中国、四川省~青海省、甘粛省を中心に自生する「薬用大黄」の一種、Rheum palmatum。
一枚の葉は両腕で円を作ったよりも大きなもので、花の穂は背丈よりも高くなる雄大なタデ科の多年草です。肥大した根茎や根に瀉下作用のある成分「センノサイド」を含んでいて、古くから下剤として使われて来ました。

ニガヨモギ060725

ニガヨモギ(キク科)
「アブサン」と呼ばれるリキュールの材料に用いられています。香気成分「ツヨン」に幻覚作用があるとされています。

オタネニンジン060725

オタネニンジン(ウコギ科)。いわゆる「チョウセンニンジン」です。
たまにホームセンターで苗が売られていますが、良く見ると「トウキ」というセリ科の薬用植物であることがほとんどです。誰かが勘違いして生産しているみたいです。

ガガイモ060725

ガガイモ(ガガイモ科)
多肉植物マニアならたいていは知っている「ガガイモ科」ですが、ガガイモそのものを見た事がある人は少ないのではないでしょうか? 私も初めて見ました。

イケマ060725

イケマ(ガガイモ科)
ガガイモもイケマも有毒です。毒と薬は紙一重ですから、かつては何かの治療に使ったのかも知れませんね。

イソツツジ060725

イソツツジ(ツツジ科)
葉を軽くもむと良い香りがします。クスノキの葉のような、木のような・・葉に香りのあるツツジ科って珍しいんじゃないでしょうかね。

ケシ畑060725

ケシ(ケシ科)
アヘンを採るために栽培される植物として有名ですね。未熟な果実に傷をつけると乳液が滲み出て来るので、これを丹念にかき取って集めます。

ケシ畑050710

これは昨年7月上旬の写真。
開花後すぐに花びらは散ってしまい、果実が急速に太ります。

ケシ坊主060725

鶏卵大の果実もあって驚きます。

ケシの畑は当然の事ながら一般公開はしておりません。観賞用としてもとても綺麗ですし、医療には欠かせない薬用成分を作る植物です。一部の悪用のために、限られた場所でしか見る事が出来ないのが残念です。
最近ではモルヒネアルカロイドを作る遺伝子の研究も進んでいて、近い将来は工場のタンクの中で製造されるようになるかも知れません。そんな技術が開発されたら、ケシという植物そのものは撲滅対象になったりするのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

名寄市と言えば財政破綻しところですよね。こんな地道な薬用植物を研究しているのですか。健全な財政運営をしていれば良かったのにね・・・

モルヒネアルカロイドはケシから抽出していたのですか。合成品と思っていました。

薬用の「イソツツジ」と旭岳のそれとは同名ですが、同じものですか?

それにしてもcoconoさんは博学ですね。当然かもしれませんが・・・

財政破綻したのは夕張市では?
それと、この試験場は数年前に独立行政法人化されるまでは、厚生労働省国立医薬品食品衛生研究所の試験場の一つでした。北海道は広大な畑を利用した工芸作物の栽培が盛んで、北見のハッカや富良野のラベンダーなどと並んで、名寄の薬用植物は有名だったようです。有機合成法の開発や輸入品の台頭で産業的には厳しい状況ですが、薬用成分の宝庫としての「植物」の研究は地道で良いですから続いて行って欲しいものです。

モルヒネの有機合成法は開発されていたと思いますが、収率やコストの面で問題があるようで、現在でもアヘンゲシの栽培に依存しています。北見のハッカが、野依先生のノーベル賞で有名になった不斉合成法の発達で壊滅的打撃を受けたように(今は歴史的な意味しか無くなってしまったようです)、ケシもいずれは同じ道を歩むのでしょうか・・・。発展途上国の安価な人件費に依存しての生産も、いずれは終わる日が来るでしょうからね。そうしたらやっとケシが観賞用として復活する日が来るのかも知れません。

イソツツジは旭岳のものと同じです。ただ、栽培環境や個体によっても姿が違ってしまう事もあります。イソツツジは分布域が広いので、系統差がかなりありそうです。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。