スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪山旭岳の植物

旭川に行くと、飛行機の窓から送り迎えしてくれるのが大雪山系の山々です。
広大な大雪山系の中で、旭岳は旭川市内からも比較的近く、ロープウエイで簡単に行けて高山植物を観察することが出来る貴重な存在です。終点の姿見駅を降りて遊歩道1周、約1時間お花畑を堪能できます。私は2時間ほど歩き回りましたが。

旭岳ロープウェイ060726

100人乗りの大型のロープウエイです。

チングルマ060726

チングルマ(バラ科)
背後は鏡池。ここはほぼ満開状態ですが、ちょっと場所を変えると全て花が散った後で、果実ばかりになっていたりします。こういう高山では微妙な気象の違いが大きく影響するのですね。

池060726

すり鉢池
小さな写真は昨年の7月上旬の様子。2週間ほどの違いがとても大きいですね。

ツツジ060726

イソツツジ(ツツジ科)
名寄市では花が散った後でしたが、ここでは丁度満開です。

エゾツガザクラ060726

エゾツガザクラ(ツツジ科)
昨年は一面のピンク色の絨毯状態でしたのに、今年はほとんどが散った後でした。

いわぶくろ060726

イワブクロ(キツネノマゴ科)
群生している姿が美しい・・。

リンドウ060726

ミヤマリンドウ(リンドウ科)
実物は写真よりももっとブルーが強いです。

サクラソウ060726

エゾコザクラ(サクラソウ科)
ちょっと湿った場所に群生しています。近寄れなかったのでフォーカスが今ひとつです。

ハクサンチドリ060726

ハクサンチドリ(ラン科)

ツルアジサイ

ツルアジサイ(アジサイ科)
木登りするツル性のアジサイです。これは山麓駅近くで撮影。

エゾニュウ060726

エゾニュウ(セリ科)
山麓駅から帰る私を人の背丈ほどもある巨大なセリ科植物「エゾニュウ」が見送ってくれました。
「バイバイ! また来るよ~」
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

旭岳は高山植物の宝庫なのですね。
エゾツガザクラ、チングルマ、可愛いですね。
イソツツジ、これでツツジなのですか、変わった形をしていますが、
きれいですね。
これらの花々感動ものですね。
私の行っている大山、塔の岳の丹沢
ではこんなにたくさんの可愛い花は
みられません。

リンドウの色もっと青ぽったかなーと
思いつつ、パソコンでプリントアウトし
たら、更に白っぽくなってしまいました。
なかなか天然の色を再現するのは
難しそうですね。
特に青色が問題ですか。

また楽しみにしています。

高山植物が咲き乱れるお花畑を見る事は子供の頃からの憧れだったので、旭岳はお手軽とは言え、非情に有り難い存在です。夏が短い北国ですから、短い期間に開花が圧縮されているのでしょう。南に行けば行くほどいつでも花が見られる反面、開花密度は低くなるように感じます。

花の色の再現は難しいですね。ピンクの花が真っ青になっていたり、青い花が白っぽくなったり。写真加工用のソフトで調整してみるのですが、なかなか上手くいかないものです。
sidetitleプロフィールsidetitle

conocono

Author:conocono
花好きおじさんの園芸と植物に関するあれこれ。
たまに作り話もあるので要注意。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。